5セント硬貨を作るのに7セントかかる問題、コンピューターシミュレーションを使えばすぐに解決

  • 15,379

  • author そうこ
5セント硬貨を作るのに7セントかかる問題、コンピューターシミュレーションを使えばすぐに解決
Image: K. Irvine/National Institute of Standards and Technology

2セント…。

知っていましたか? アメリカのお金、5セント硬貨を1枚作るのに7セントの費用がかかることを。まぁ、何度も使われるわけですから、単純に損してる!というわけではないですけれど、それでもコストを抑えたいもの。そこで、米造幣局はコンピューターシミュレーションによって、対費用効果をアップさせる5セントの新デザインを考えることにしました。

硬貨をデザインするのは難しい

硬貨のデザイン変更は単純な話ではありません。ある日突然、質感や重さ、見た目がガラリと変わったら混乱を招きますからね。それに今までの自動販売機でも利用できないと困りますからね。これは大変な作業です。となれば、今の世の中、人間があれこれ考えるよりも、コンピューター様に頼るのがいいでしょう。

そこで、アメリカ国立標準技術研究所とTechnology’s Materials Genome Initiativeとタッグを組んだ造幣局。5セント硬貨に使われるニッケルの量を減らすため、さまざまな金属の配合具合による、色、耐久性、電気伝導性などを、物理的に硬貨の試作品を1枚も作ることなくシミュレーションしたのです。

結果、チームは従来の5セント硬貨よりも40%安価な試作硬貨を作ることに成功。銅と亜鉛とニッケルのミックスですって。さらに、試作品までにかかった時間はたったの1年未満。コストカットだけでなく、コンピューターシミュレーションを使えば、開発時間も大幅カットでめでたしめでたし。

…これで、世の中に良からぬことを考える人がいなければ、本当にめでたしめでたしなんですけどね。


Image: National Institute of Standards and Technology
Source: National Institute of Standards and Technology via New Atlas

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(そうこ)

あわせて読みたい