テスラのモデル3がやっと生産目標を突破!今後はどうなる…?
Image: Aleksei Potov / Shutterstock.com

テスラのモデル3がやっと生産目標を突破!今後はどうなる…?

  • 5,893

念願の目標達成!

ひと月近く前のこと、株主総会で大多数の賛成を得て、CEOの続投が決まったTesla(テスラ)のイーロン・マスク。そこでは「1週間でモデル3を5,000台作る」と約束したのですが……その結果は?

7月2日のツイートにて、7日間で7,000台の製造を達成したと発表しました。



とはいえこれは、5,000台のモデル3にモデルXとモデルSを加えた総製造台数なのだとか。ともかく目標は達成できました。

モデル3といえば、4月には何らかの理由で週に2,020台しか作れていなかったことを踏まえ、6月終わりまでには週5,000台に増やすべくマスク氏が数カ月ずっと、工場に泊まり込んでいたんですよね。その対策が機械による自動化と、工場外に大型テントをいくつも立てて、生産ラインを増やすというもの。

その後も想定の航続距離よりはるかに長い距離を走ったものの、充電ができなくなるトラブルに見舞われたりと、山あり谷ありなモデルだったりするんです。

2017年7月時点の目標は、「モデル3を週5,000台製造し2018年終わり頃には週10,000台を作ること」でした。次なる目標はそれになるのか? はたまた構想にあるピックアップ・トラックを作るのか?



もしくは謎のベールに包まれた“サイボーグ・ドラゴン”とやらを作るのか?



モデル3に関しては数日中に公式な報告書が出る予定で、そこに生産台数が記載されることでしょう。おまけに8月になるであろう、第二四半期の収支報告でもまた、詳細が語られることと思われます。頑張って大量生産したクルマが、どれほど売れるのかも気になる所ですね。


Image: Aleksei Potov / Shutterstock.com
Source: Twitter(1, 2, 3) via INVERSE

岡本玄介

FEATURED VIDEO

Microsoft Surface Go | Hands-on

こちらもおすすめ