VR室内スカイダイビングすっごい楽しい! 本物の飛行機から落ちてみたくなった

  • 8,023

  • author 岡本玄介
VR室内スカイダイビングすっごい楽しい! 本物の飛行機から落ちてみたくなった
Image: Gizmodo

結局VRよりホンモノが一番?

透明な筒の中で下から強烈な風に吹かれて宙を舞うスポーツ「ウィンドトンネル」。テレビ番組なんかでたまに見るかと思いますが、これは別名「インドアスカイダイビング」としても知られています。

かつては17歳のポーランド人少女マヤ・クジンスカちゃんの華麗な演舞に驚き、VRゴーグルを着けて筒の中に浮き、仮装現実で高度1万3000フィート(4km)の高さから体感終端速度290km/hでスカイダイビングするVRエンターテイメントもあるとご紹介したこともありました。

そこで米GizmodoのTonelli記者が、実際にウィンドトンネルに入りVRスカイダイビング体験をしてきたとのことです。

ダイビング前の準備

軍の訓練や、プロのスカイダイバーたちの練習にも使われるというこの施設。実際は落ちるのではなく、巨大タービンで強風を生み出し、人間を宙に浮かせるのがこの技術のキモなのです。そして人間は四肢を使って自らの高度をコントロールし、トンネル内で上昇や下降ができるわけです。

驚くべきことに、ニューヨーク州ウエストチェスター郡にあるiFlyの建物は、猛烈な風が最上階から一階までを循環するシステムになっています。何かしらの風洞実験場みたいですね。

180707_ifly
Image: iFly

Tonelli記者とカメラ担当のトム・CJは、少しの下調べのあとiFlyへと向かいました。書類に必要事項を書き込み、肩に怪我がないか? と聞かれます。それからジャンプスーツに着替えて、ヘルメットを装着してちょっとした訓練を受けてから、いざトンネルへ。

中に入ってみると?

外から見るに、ダイブ中の人はただ浮いているだけに見えたそうです。しかし中に入ると、下からは時速160kmほどの暴風が身体にも顔にも吹きすさび、「ヤバい、この中では自ら飛ばないといけない」という思いが頭をよぎります。ちゃんと手足の筋肉を使わないと浮くことができず、キリキリ舞いにさせられてしまうのです。ですが正直言って、超楽しいんですって。

コントロール方法を身に着けてしまえばコッチのもの。上昇もできるし講師の宙返りや空中での側転を目の当たりにして、「自分も早くそのレベルまで上達したい」と思うようになります。とはいえ2分のフライト2回で89.95ドル(約1万円)と、もしVR体験を追加したければさらに44.95ドル(約5,000円)を支払わなければなりません。それを高いと見るか安いと見るかはアナタ次第でしょう。

浮かびながらVR体験

Tonelli記者の最初の2回は、無料VR体験でした。これにはSamsung Gear VRを専用に改造したヘッドセットを装着。もしトンネルの内壁にぶつかっても、怪我しないようにカスタマイズされているのだそうです。コンテンツ内容は、Oculus RiftやHTC Viveとは違いただの360度動画で位置追跡などのインタラクティヴ性はなし。なのでVR酔いもせず。とはいえ自分の動きと映像はタイミングが完璧で、映像内のジャンパーが飛行機から飛び降りるのと同時に、風がお腹に当たりトンネルで“落下”する体験が味わえるのです。耳栓をしているからか映像内に音はなく、下から突き上げる風の音でリアルな感覚に陥るのだそうです。

そして実際にスーツを着込んでトンネルの中で浮かんでいるため、脳が本当にスカイダイビングをしているかのような錯覚を起こします。頭では疑似体験だとわかっているのに、それを信じさせてくれないほど外的要因が強いわけです。ひとつ物足りないのは、映像内では自分の手足が見えないこと。現実なら身体の動きと左右の移動や宙返りが同時に起こるのですが、この実感ができないワケです。

終わってみて

Tonelli記者は、非常に興味深い体験だったと話しており、現実世界では本当にスカイダイビングをするという選択肢もある中、VRで疑似体験をするのも充分に価値があるとも言います。iFlyはまだまだ違うVRコンテンツをそろえるつもりらしいので、いずれは宇宙空間や地底へ落下するなどの疑似体験もできるかもしれませんね。

スカイダイビングに興味があるけど怖いという人にはうってつけですし、VR的には上記の理由からチョイ物足りないことを差し引いても、とても楽しいインドア・スカイダイビング体験になるとのこと。もし、もっとアドレナリンを感じたいのであれば、本物のスカイダイビングがお奨めですが、アトラクション的に手軽な体験をしたいのならアリのようです。

ということで、これで味をしめたTonelli記者は、今度ホンモノのスカイダイビングに挑戦してくるそうです。いってらっしゃい!


Image: iFly
Source: iFly
Joe Tonelli - Gizmodo US[原文

岡本玄介

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ