歩数計アプリの歩数を不正に増加させるチートビジネスが中国で大流行中

  • 14,289

  • author そうこ
歩数計アプリの歩数を不正に増加させるチートビジネスが中国で大流行中
Image: Sixth Tone

ウケた。

中国で人気のメッセージアプリWeChat(微信)に、フィットネス機能「WeRun」が追加されたのは、今年春のこと。WeRunは歩数計ツールで、1日の歩数をカウントしてグラフにしてくれます。早くも中国で大人気のWeRun。人気すぎて歩数を不正にアップさせるための、チートガジェットがバカ売れですって。

この大人気のチートガジェットは、スマホをミニブランコのようなマシンにセットして、ユラユラと動かすことで歩数を増加させるというもの。値段は1つ300円から1,000円程度で、中国のネットショップにはたくさんのマシンが登場しています。人気のものだと、ここ1カ月で2万台以上の売り上げ。中国のネットショップTaobaoでは検索上位にくるなど、関心と需要の高さが伺えます。

180725werun
Image: Sixth Tone

なぜ、ズルしてまで歩数を水増ししたいのでしょう? それはWeRunの歩数ランキングの仕組みにあります。友人間のグループで歩数ランキングなるものが発表されるのですが、1位になると、ランキングページのカバー画像を設定できる権利が得られるのです。

運営側は、競争心とちょっとしたオマケが運動のモチベーションになればと思ったようですが、ズルするレベルまでモチベーションを爆アゲする結果に。このカバー画像を広告枠と考えてなんとしても歩数1位になりたい人、好きなアイドル画像を設定するのに命をかけて歩数1位を目指す人など、カバー画像権のためにチートすることになっているのです。正攻法ではもう勝てない!

また、中国のある大学では、学生の健康のために、WeRunでの1日の歩数目標を課すところもあり、これを楽してクリアするために、学生がチートマシンを買い求めているとか。

どんなところでもビジネス魂を発揮する中国。歩くスピードよりもズル展開のほうが早いというね。


Image: Sixth Tone
Source: Boing Boing, Sixth Tone

(そうこ)

こちらもおすすめ