残り3日で終了!アウトドアにもってこいなタイダウンストラップ「WRAPTIE」が終了間近

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author 山村豪尭
残り3日で終了!アウトドアにもってこいなタイダウンストラップ「WRAPTIE」が終了間近
Image: machi-ya

ライフハッカー[日本版]より転載:

アウトドアやツーリング用品の整理や収納にお困りではありませんか?なにか便利なツールがないかな?とお探しであれば、この画期的なタイダウンストラップをチェックしてみてください。今回はキャンペーン受付終了まで残り3日となりましたので、おさらいしておきます。

マジックテープなのに超強力なホールド能力

Video: Youtube

WRAPTIE」のホールド能力は伸縮性のある本体と等間隔に設置されたマジックテープによって生み出されています。本体の伸縮性によって対象物にテンションをかけることができるため、ほどよい密着感とズレに対しての許容力がある状態を生み出します。その上で複数のマジックテープで多点固定することで大きな固定力が得られます。その対応荷重は適正使用時でなんと50kgまで!一般的な荷物であれば余裕を持って固定することができます。

金属フリーで傷つきにくい設計

20180725-WRAPTIE02-2
Image: machi-ya

一般的なタイダウンストラップやフック付きゴムバンド等は、固定部に金属製バックルやフックを使用していることが一般的です。ハードウェアとしての信頼性は金属の方がもちろん高いですが、反面、バックルの位置取りに制限があったり自転車やバイクなどを傷つけてしまう可能性が高くなります。一方この「WRAPTIE(ラップタイ)」には製品に一切の金属や硬い素材を使用していない為、固定する物にも固定される物に大変優しいストラップとなっています。バイクツーリングをされる方は大事な愛車を傷つける可能性がかなり低くなっています。

特許出願中のハンドル部分

20180725-WRAPTIE03-2
Image: machi-ya

「WRAPTIE(ラップタイ)」の便利な機能が特許出願中のハンドル部分に搭載されています。一見すると単純なループ状フックですが、この部分にもマジックテープが仕込まれており開閉することができます。これによって、先端が開放していないバーやポールに固定したり、さらには「WRAPTIE(ラップタイ)」同士で合体延長することができます。「WRAPTIE(ラップタイ)」は基本2本が1セットになっている為、「ちょっと長さが足りないな」という時には本体を簡単に延長することができます。もちろん固定力はそのままに利用することができるので、多少の荷物の増減には瞬時に対応可能です。

20180725-WRAPTIE04-2
Image: machi-ya

「WRAPTIE(ラップタイ)」は最適なホールド力を発揮できる大きさが決まっています。これは安全に利用するために必要なことですので固定する対象物の大きさと使用する長さをあわせることが重要です。

アイデア次第でいろんな場面に

20180725-WRAPTIE09
Image: machi-ya
20180725-WRAPTIE08
Image: machi-ya

バイクツーリングの荷物積載はもちろん、自動車ラゲッジ内の荷物整理やバックパックに三脚を合体して持ち運ぶなど自由度の高い製品であるからこそアイデア次第で色々な使い方ができそうです。

この「WRAPTIE(ラップタイ)」は、現在、クラウドファンディングサイト「Machi-ya(マチヤ)」にてキャンペーンを実施中です。15%オフの2,820円(130cm×2本、送料別)からから支援可能。キャンペーンは残り3日です。商品の詳細は下のリンクからチェックしてください。

>>「WRAPTIE」の支援はこちらから



Image: machi-ya
Source: machi-ya

    gather round 特集ページ

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ