こんなに大きかったとは…!! これが月に写った地球の影だ

  • 36,992

  • author Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
こんなに大きかったとは…!! これが月に写った地球の影だ
Image: Tom Harradine/Facebook

いつも一部分しか見えませんもんね。

太陽に照らされた地球の影が、月を陰らせる月食。特に7月28日に起こった皆既日食は、今世紀で最長のものだったそうです。天文ファンからカメラ好きまで、その月食を写真に収めた人たちは多いかと思われます。

ですが動いた月を合成して、地球の影をまるまるひとつ分写し出した写真が、今までありそうでなかったビックリ画像になりました。

それはオーストラリアに住むアマチュア天文学者、トム・ハラダインさんが作ったもの。これで月に対して地球がどれほど大きく影を落とすのか、驚くべき全体像がハッキリわかるのです。

撮影は基本的に露出、ISO、F値を同じにしていますが、最初の3枚だけは月が明るい状態なので、シャッタースピード1秒、ISO400、F/5に設定しているとのことです。そしてフォーカスするのは月ではなく。彼は月に落ちる地球の影が幅9,050km(≒985ピクセル)で、月そのものは幅3,468km(≒378ピクセル)という数値から2.61という比率を割り出して、影が真円になるよう調節しながら撮影していったのだそうです。

180803_earthshadow2
Image: Tom Harradine/Facebook

ブリスベンの予報ははじめ曇りだったのですが、彼が起きた7月28日の午前3時半は雲ひとつない空になっていたそうな。なので急いで大口径のドブソニアン望遠鏡を準備しました。なお5時35分には国際宇宙ステーションが月食を通り過ぎるのも観測できました。

ほかにも7月31日には、地球に近付いた火星の姿も捉えるなどオーストラリアから観測した天体写真がいくつも楽しめます。興味のある方は覗いてみてください。

Source: facebook

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ