TwitterのAPI終了で多くのTwitterクライアントが死にかけている。僕が愛している「Tweetbot」もだ!

  • 20,227

  • author 小暮ひさのり
TwitterのAPI終了で多くのTwitterクライアントが死にかけている。僕が愛している「Tweetbot」もだ!
Image: ‎iTunes

Twitter史に残るかもしれない1日。

Twitterは本日8月16日より、新しい通知系API「Account Activity API」を一般公開し、いくつかの古いAPIの提供を終了します。最も大きな影響は「User Streams」APIが終わるということです。

User Streamsはいわゆる、ツイートのリアルタイム更新機能。下スワイプをしなくても自動的にタイムラインが流れるもので、一部のTwitterクライアントアプリの目玉機能として備わっていました。その影響は複数のTwitterクライアントアプリに重い影を落としています。たとえば僕が使っている「Tweetbot 4 for Twitter」でも…。

180816_account_activity_api_tweetbot
Image: ギズモード・ジャパン/App Store

・Wi-Fiでのタイムラインのストリーミング更新機能が終了。代わりに1〜2分毎に定期更新されます。

・メンションやDMなどのリアルタイムプッシュ通知が終了。数分遅れて通知が届きます。

・いいね!、リツイート、フォロー、引用のプッシュ通知が終了。

・「スタッツ」と「アクティビティ」のタブが削除。

・アクティビティに依存しているApple Watch用アプリの提供終了。

と、タイムラインのリアルタイム更新のみならず、通知関連も巻き添え死して、骨と皮しか残っていないような状態でございます。

ただし、死にかけながらも1~2分の定期更新など、現状できる対応で頑張ってくれているのはユーザーとしては嬉しいところ。UI的なメリットもあるので、僕はまだしばらくTweetbotと生きていこうと思っています。

ただし問題なのは、今のクライアントから離れて代わりのTwitterクライアントを探すといった場合です。Twitterが提供しているAPI自体が終了しているので、救世主たるクライアントはきっともうないってことなんですよね。

まぁ、公式アプリも軽めで悪くないと思うんですけどね。ただ、「新しいツイートを表示」をタップしても、新しくない「ハイライト」とかいう過去のツイートまで紛れ込ませてくるのは、古い地球人でオールドタイプな僕としては、なんだかモヤっとなんです。

僕は脊髄反射でレスしてから、それが数時間前のTweetだったときのあの恥ずかしさに名前をつけたい…。

Source: Tweetbot 4 for Twitter

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ