Appleが京都にやってきた! 「京都リスペクト」は新コンセプトにどう影響した?

  • 14,128

  • author suzuko
Appleが京都にやってきた! 「京都リスペクト」は新コンセプトにどう影響した?

新コンセプトは新宿で見てたのに、それでもまだ多い京都の見どころ。

はい、今日は渋谷のオフィスじゃなくはるばる京都まで来ているギズモード編集部です。何しにってあれです、いよいよ、あさって8月25日(土)にオープンとなるAppleの直営店「Apple京都」をレポートするため。今日行なわれたメディア向けのイベントにおじゃまして来ました。

デバイスの製造メーカーが世界中に直営店を持つ。今でこそApple直営店があって当たり前ですが、それ以前はなかなか考えられなかったことです。それもAppleはその街やコミュニティに敬意を払うかのように、それでいて街からも受け入れられる店舗を体現してきました。

そんなAppleの直営店が、日本の美しさや歴史文化を体現しつづける京都に、Appleの前CEOでありDNAでありつづけるスティーブ・ジョブズが愛した京都に、やってきました。

それに、Apple京都はAppleがオープンなコミュニティの場であること、人々の想像力を解き放つ場であることと謳っているストアの新しいコンセプトが適用される、日本国内2番目の店舗でもあります。最初は今年4月にオープンされたApple 新宿でした。

さてさて、どんなストアに仕上がっているでしょうか。

Apple京都が入った建物全体が、日本の行灯インスピレーション

Apple京都は、京都の四条通りにあります。すぐ隣は百貨店の大丸ですし、そのほかにも近くに東急ハンズがあったりして大きい商業施設がひしめく場所にApple京都はできました。

外観は、日本で古くから使われる照明器具、行灯(あんどん, Wikipediaからインスピレーションを受けたつくり。夜になると…

180823_kyoto_012
Image: Apple

ぼやっとした灯りがそれっぽい?

国内初。フリースタンディング型6Kビデオウォール

180823_kyoto_002

店内に入るとApple 新宿にもあった6Kのビデオウォールが目に入ってきます。表示されているApple京都のロゴは、京都の街からのインスピレーションを得て作られたもの。アイディアとかクリエイティビティを感じるあたり、ロゴのちからってすごい。かわいいしかっこいい。新宿のもかっこよかったけど京都のもいいね。

180823_kyoto_004

そして京都のビデオウォールは、新宿にあった壁に埋め込まれたものではなく、自立したフリースタンディング仕様。この仕様のビデオウォールの採用は国内初です

180823_kyoto_010
180823_kyoto_003

このビデオウォールと椅子のスペースは、ストアに来た人が自由に座って過ごしたり、Appleが用意する体験プログラム「Today at Apple」で使われたりします。椅子のレザーはフェラーリと同じ、木はカシの木のはず。このあたりは新コンセプトのストア共通。

180823_kyoto_006
180823_kyoto_007

ビデオウォールの裏側から、店舗正面側を見下ろしたところ。

180823_kyoto_008

ビデオウォール側面から。

180823_kyoto_023

街とストア内の境界をなるべくなくす全面ガラス。新コンセプトに見られる特徴のひとつ。

Today at Appleも京都仕様

180823_kyoto_011

来月からはAppleの直営店で行なわれる体験型プログラム「Today at Apple」に特別なプログラムが追加されます地域のさまざまなアーティスト、デザイナー、工芸作家とコラボレーションしてつくられたセッションです。今日はそのデモとして、京都在住のグラフィックデザイナー三重野 龍さんとのコラボレーションでつくられたプログラムが行なわれました。

文字に形はない。グラフィックデザインとして遊べる余地があるんじゃないかと思い挑戦している。

こう語る三重野さんと、iPadのアプリPagesを使って、参加者が京都の「京」の字の真ん中を自由なグラフィックに置き換えていきます。

180823_kyoto_013
180823_kyoto_014
180823_kyoto_017
180823_kyoto_015
180823_kyoto_016
180823_kyoto_018

10分くらい試行錯誤したあと発表の時間に。三重野さんが作った作品につづいて、参加者のなかからかなりレベルの高い作品が出てきて「おお〜〜〜」と会場からどよめきが起きるシーンも(これいつかもあったな……)。

今日のプログラムはあくまでデモ用で実際のプログラムではないとのこと。どんなプログラムが用意されるのか、私、気になります!(京都だけに)

これもなにげに日本初。新コンセプトの階段=Steve Jobs Theaterの階段

180823_kyoto_019

さっき上の写真でちらっと見えてましたが、Apple京都にはApple 新宿にはなかった階段があります

180823_kyoto_022

はい、階段です。

何言ってんだって感じですが、説明しましょう。新コンセプトのストアに階段があるということはですよ、Apple本社のあるApple ParkにあるSteva Jobs Theaterにあるのと同じコンセプトの階段があるってことなのです! そうです、Steve Jobs Thearerの階段を歩いてるのと実質同じ!……さすがに言い過ぎですか。けっこうマニアックなところですが、Appleファンとしては少しうれしいポイントでは?

180823_kyoto_020

少しくぼんだ手すりの部分は、ほかの壁面とはちがう手触りがします。ほかの壁面がわずかな「ざらざら」であるなら、手すりは「つるっ」と「さらっ」のミクスチャー(よくわかんないよって人はApple京都で体験してもっと伝わる言い方教えてください)。

180823_kyoto_021
180823_kyoto_024

2階には日本家屋の障子インスパイアな壁

180823_kyoto_025

ちょっと戻りまして、ビデオウォールのそばから見上げると吹き抜けが。

2階のところの横線が見えますか?

180823_kyoto_026

これ、日本家屋の障子インスパイアな壁なんです。ほんと京都には日本家屋のイメージが合います。

180823_kyoto_027
180823_kyoto_028
180823_kyoto_029

2階にはこれもありました。手をすりすり〜ってすると出てくる電源。Apple京都、Apple 新宿にお越しの際はお試しあれ。

25日10時オープン時、無料のTシャツ配布、あります

Apple直営店のオープン日恒例となった無料のTシャツ配布、今回もあるようです。

今回は箱にエンボス加工がされていたり、Tシャツが日本製だったり、ロゴバッジが入ってたり、Apple 新宿のときにはなかったステッカーまで入ってます。25日、近くにお住まいのひと、京都方面に用事があるひと、これはもらわなきゃ損ですよ。

180823_kyoto_030
180823_kyoto_031

もちろんお店としての機能もありますよ。

180823_kyoto_032
180823_kyoto_033

Apple直営店の新コンセプトと京都の文化へのリスペクトが融合しているApple京都、あさって8月25日(土)10時にオープンです。

Source: Apple京都

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ