Apple Watchのリークを見るに、「Series 4」は今までのモノとは明らかに違うものになりそう

  • 99,381

  • author 山本勇磨
Apple Watchのリークを見るに、「Series 4」は今までのモノとは明らかに違うものになりそう
Image: Apple, 9to5Mac

今日は情報が出過ぎだ…。

Appleの発表イベントの日程がアナウンスされ、その流れのまま、ホンモノと思わしきApple Watchのリーク画像が登場した今日。ほんと、脳内チップをA12に変えないと処理が追いつきません。

なんだこの情報量。新型Apple Watchの画像がリークか

これはかっこいい!さてさて、今年も新型iPhoneと合わせて発表が期待される新型Apple Watch。今年は9月12日に発表イベントが開催されま...

https://www.gizmodo.jp/2018/08/apple-watch-2018-real-model-reak.html

新型Apple Watch(通称:Apple Watch Series 4)のリーク画像、高級感きわめたゴールドのステンレス系金属に、一瞬くらっとするウォッチフェイスに目を奪われますよね。でもこの画像を見まくった今、実はApple Watchの新しいメカニズムも考察できそうです。

サイドボタンが浅い。これは電子フィードバックによるもの?

ギリギリまで情報を詰めたウォッチフェイスを見るに、新型Apple Watchがベゼルレスディスプレイになるのはおそらく事実。しかし、もっと深読みできる点はサイドボタンです。

180831_apple_watch_2018_examination_2
Image: Apple, 9to5Mac

左はSeries 3、右が今回リークされたホンモノと思われる画像です。ボタンの影をよく見てみると、ボタンの突起が明らかに違うことがわかります。Series 3のほうが突起が大きく、新型はフラット。これは、Apple Watchのボタンが「Taptic Engine」による電子フィードバック式に変わることを示唆しています。

電子フィードバックというのは、すでにiPhone 7/8のホームボタンに用いられている「ボタンを押した感覚を電子的に再現する」技術。つまり物理的にクリックできるボタンは廃止。そのぶん押し込むスペースが必要なくなるため、新型ではボタンがフラットになったんだと予想できます。

控えめになった赤丸のウラにある、デジタルクラウンの新機構

180831_apple_watch_2018_examination_3
Image: Apple, 9to5Mac

セルラーモデルをあらわす赤いデジタルクラウン(りゅうず)です。新型はより控えめになって、デザイン的にもこっちのほうが自然で良いのでは? しかしこのデザインは、デジタルクラウンのトップ部分がタッチセンサーになったための結果と考えられます。タッチセンサーになる話は、以前Fast Companyから伝えられています。

その話によると、デジタルクラウンの押し込み操作も電子フィードバックになるそう。クリックしたことが伝わるよう、デジタルクラウンのトップが樹脂製ではなく、電気が伝導する金属製になったと予想できます。でも、ほかにもタッチセンサーになることで広がる機能もありそうですよね。

とにかく、このウォッチフェイスが楽しみだ

いろいろと考えられることはありますが、とにかく今は新しいApple Watchが楽しみです(もちろん、リークで先にわかっちゃう悲しさも同じくらい)。この目がチカチカするウォッチフェイス、F1マシンのハンドルのようで超クール。機能美を極めるAppleらしくないイメージですが、これはベゼルレスを魅せるためのコンセプトなんでしょうか。

そして、このステンレス系のゴールドカラーも最高です。まだバリバリSeries 2が使えるのでスルーしようと思ってたんですが、発売から2年という口実で変えちゃうか…。

名称未設定3
Image: 9to5Mac

あ、あとこの穴だけ何かわかりませんでした。おそらくマイク?なのかなと思ったのですが、もしわかる方がいましたら教えてください。

Source: 9to5Mac, Fast Company

あわせて読みたい

powered by