知った名前だけど違うやつ。ASUS初のAndroid Go搭載端末は「ZenFone Live」

  • 21,898

  • author 小暮ひさのり
知った名前だけど違うやつ。ASUS初のAndroid Go搭載端末は「ZenFone Live」
Image: Best Buy

安いの選べるのもAndroidの強さ。

ASUSでは初となるAndroid 8をベースとした格安・軽量Android「Android Go(Android 8.1 Go Edition)」を搭載した「ZenFone Live」が、米国のBest Buyショッピングサイトで発売されました。インドネシアで先行して発表・販売されていた廉価版ですが、米国でも取り扱われるようになったというわけですね。

Live? 聞いたことあるけど、あの「ZenFone Live」?って思った人も居るでしょうけど、実は違う子。

0180806zflk01
Image: Best Buy

国内で発売されている「ZenFone Live(ZB501KL)」ではなく、今回登場したのは「ZenFone Live(L1)(ZA550KL)」となります。

スペックとしてはローエンド路線なので、SoCにSnapdragon 425、メモリ1GB、ストレージ16GB、液晶は5.5インチの1440×720と控えめ。現在のスマホの流れを見ていると、メモリ1GBって大丈夫?っても思っちゃいますけど、これってAndroid Goを動かす場合の最大容量。逆にこのメモリが上限だと考えると、Android Goってめちゃくちゃ軽いんですね。

この手軽さを押し出したZenFone Liveの価格は109.99ドル(約1万2247円)。Best Buyのショッピングサイトでの販売の他、後日Best Buy店舗でも販売される予定です。

国内デビューは謎。まぁ、するとしたら改名から…でしょうか。

でも、ひょっとしたら今後ZenFoneシリーズのローエンドは「Live(L◯)」というネーミングで行くのかもしれません。そう考えるとL◯の数字で世代がわかって、逆にわかりやすい…かも?

Source: Best Buy via Android Police