アメリカの電話史に残る発明品の数々がオークションに

アメリカの電話史に残る発明品の数々がオークションに
Photo: Bruneau & Co.

電話っていろいろあったのか。

先日、ドワイト・D・アイゼンハワー大統領が使っていた電話やレトロなデザインの試作品など、電話だけでなくアメリカの歴史にも貢献したモノが出品されるオークションが開催されました。

歴史ある名品の数々がオークションに出された経緯とは?

1911年、通信会社の従業員や役員たちはTelephone Pioneers of Americaという団体を設立。アメリカでも電話を発明したことで知られているアレクサンダー・グラハム・ベルは、創立メンバーでもあります。この団体の当初の目的は、電話の技術を開拓した人々によるコミュニティを作ることでしたが、次第に慈善活動的な使命へとシフトしていきました。現在では、彼らのコミュニティ内の人を手助けするボランティアのネットワークとして機能としています。そんな発展を遂げていくなかで、彼らは全米各地に電話の歴史にまつわる年代物の機器とエフェメラを保管するための小さな博物館を設立していきました。

そして今、分館のうち2つの閉館にともなって、展示品がオークションに出されることに。8月4日に開催されたオークションの競りを担当したのは、ロードアイランド州クランストンにあるオークションハウスBruneau & Co

イベント名は「Verizon's Telephone Pioneers Museum Collection Auction」とはいいますが、Verizon(ベライゾン)との関係は不明です。開催前にオークションハウスに問い合わせましたが、ちゃんと把握しているわけではなく、美術館自体には当然ながらオンラインプレゼンスはありません。 Verizonに問い合わせたところ、広報は調べてくれると回答してくれました。

イベントについての話はこれくらいにして、今回のオークションに出品された歴史上の遺物の数々、そして最高額のアイテムを見てみましょう。

President Eisenhower Summer White House Telephone

180802phone2
Photo: Bruneau & Co. Auctioneers

ロードアイランド州ニューポートにあったサマーホワイトハウスで、ドワイト・D・アイゼンハワー大統領が所有していた個人電話。アイゼンハワー大統領はこのクラシカルなロータリー電話を、1958年と1960年の夏に使っていました。

この電話で議論されていたかもしれない歴史上の出来事としては、1958年7月29日に発足した国家航空宇宙法(NASA)への署名が挙げられます。落札価格は1,100ドル(約12万円)でした。

Telephone Call Time Clock Calculagraph Device

180802phone3
Photo: Bruneau & Co. Auctioneers

無制限じゃない無制限プランが登場する以前、人々は公衆電話を使っていて、コインの投入口に10セント硬貨をもう1枚入れるまでの通話時間を把握するためにcalculagraphsが使われていました。この機器は1897年の特許申請の後、従業員のタイムレコーダーやビリヤード場の玉突き台といった多くの異なる機械にも使われたとか。落札価格は150ドル(約1万6600円)。

Western Electric 50A Conference Telephone Set

180802phone4
Photo: Bruneau & Co. Auctioneers

Western Electric(ウェスタン・エレクトリック)社製の電話会議のためのデバイス。今でいうポリコムなどのごく初期の形態といったところでしょうか。落札価格は125ドル(約1万3800円)。

Alexander Bell 1st Long Distance Membrane Receiver

180802phone5
Photo: Bruneau & Co. Auctioneers

この発明品は「初の長距離二極レシーバーの初期の例」だと述べられているので、これが初の長距離通話で実際に使われたレシーバーだという結論には飛びつきません。それでも、レトロなデザインは十分にカッコいいものです。落札価格は950ドル(約10万5300円)。

Western Electric Cowbell Extension Ringer Box

180802phone6
Photo: Bruneau & Co. Auctioneers

Western Electric社製のカウベル拡張振鈴装置。振鈴装置にカウベルが足りない人に…。落札価格は30ドル(約3,300円)。

2 ID’d Western Electric 101-F Tennis Ball Tubes

180802phone7
Photo: Bruneau & Co. Auctioneers

Western Electric社製の101-F テニスボールチューブ。真空管の愛好家向けのアイテムもありました。落札価格は200ドル(2万2000円)。

Western Electric 505C Cordless Oak Switchboard

180802phone8
Photo: Bruneau & Co. Auctioneers

Western Electric社製の505C コードレスオーク製交換台。このオークションには、20世紀中頃まで交換手が電話をつなぐために使っていた大きな交換台多数出品されています。オルガンサイズのアンティークを家に置きたくない人には、この小型の交換台の方が実用的な選択肢かも。落札価格は125ドル(約1万3800円)。

Industrial Federal Telephone Corp Crank Telephone

180802phone9
Photo: Bruneau & Co. Auctioneers

Industrial Federal Telephone社製ダイヤル式電話。金属製で電話をかけるにはダイヤルを回す必要があります。 落札価格は30ドル(約3,300円)。

LARGE Artistic Colored Telephone Wire Loom Display

180802phone10
Photo: Bruneau & Co. Auctioneers

何が何だか分かりませんが、電話線を束ねた飾りだそうで。 電話史を彩った発明品とともに、こんな変わり種も…。落札されなかった品々もある中で、10ドル(約1,100円)で落札されていました。

そして300アイテム以上が出品された中で、最高額の値がついたのは…

1881 Thomas A Watson Bell Prototype Telephone

180802phone11
Photo: Bruneau & Co. Auctioneers

1881年付けの特許の書類がついた、アレクサンダー・グラハム・ベルとトーマス・A・ワトソンによる初の電話機のプロトタイプ。3万2000ドル(約355万円)で落札されました。


オークション自体は終わってしまいましたが、電話の歴史に興味のある人やアンティークなガジェットが好きな人にとっては出品の一覧もなかなか面白い…かもしれませんね。

Source: Bruneau & Co., Bidlive(1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10,11, 12, 13, 14), Wikipedia(1, 2, 3, 4), Pioneersvolunteer.org

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ