オーディオテクニカ初(2回目)の完全ワイヤレスイヤホンが登場

  • 9,918

  • author ヤマダユウス型
オーディオテクニカ初(2回目)の完全ワイヤレスイヤホンが登場
Image: Audio Technica

今度は消えたりしない、よね?

ベルリンで開催中の家電ショーIFA 2018にて、オーディオテクニカが完全ワイヤレスイヤホン(TWS)「ATH-CKR7TW」を発表したと、Engadgetが報じています。

オーテクの完全ワイヤレスイヤホンといえば、幻に終わったのが「ATH-CKS7TW」。ポタフェスでもお披露目されたオーテク初のTWSだったんですが、Bluetoothの接続に難アリとなり発売中止の憂き目に。音はとても良かったんですけどね。ゆえに、今回発表された「ATH-CKR7TW」こそ、市場的な意味でのオーテク初TWSといえます。

スペックは11mmのダイナミックドライバーに、真鍮製のスタビライザーを搭載。不要な共振を極限までおさえ、高域の応答性を高めます。コーデックはSBC、AAC、aptX。Bluetoothは5.0に対応。バッテリーは本体が6時間、ケースから充電すればプラス9時間と、普段使いには充分。アプリ「Audio-Technica Connect」にも対応しています。

カラーはブラックとグレーの2色で、価格は249ドル(約2万7790円)。今秋発売予定とのことで、IFA2018にてオーテクが発表した他の製品とともに、正式な価格や発売日の発表があるでしょう。グレーのリング感、よさげ。

Source: Audio Technica, Engadget

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ