B&Oが送り出すハイエンドスマートスピーカー、もはやアート

  • 6,526

  • author 武者良太
B&Oが送り出すハイエンドスマートスピーカー、もはやアート

これなら黒モノ家電に眉をひそめる奥さんも納得するはず。価格を知ったら顔をしかめそうだけど。

Google Assistantを搭載するサードパーティのスマートスピーカーのなかでも、Bang & Olufsenの「BeoSound 1」と「BeoSound 2」は異彩を放つ存在。オブジェのように、モダンな空間に溶け込むミニタワーです。

初見で、コレがスピーカーだと見抜く人はそうはいないでしょう。しかもAIを内蔵しているだなんて。

imgtop13502x
Image: Bang&Olufsen

「BeoSound 1」は底面部にウーファー、上部にフルレンジユニットを収めており、アコースティックレンズで360度全方位に音を広げます。Bang & Olufsenならではのアーキテクチャは、これまたBang & Olufsenらしくアルミニウムのエンクロージャーに収まります。

バッテリー駆動式で、動作時間は最大12時間。Wi-Fiは2.4GHzだけではなく、5GHzにも対応していますよ。

オーナーの声を聞き取るためのマイクは5つあり、どの方角から声をかけても応えてくれそう。リビング、ラウンジスペースにおける快適性を追求した結果なのでしょう。

imgwss13502x-2
Image: Bang&Olufsen

同じくミニマルな意匠を身にまとった「BeoSound 2」はバッテリーレスゆえに、ACのコンセントが必要。「BeoSound 1」の1.5倍ほどの高さになる大きさだから、決まった場所に置いて使ったほうがいいということですね。内蔵するスピーカーユニットはウーファー、スコーカー、ツイーターの3Way4ドライバー。サウンドもゴージャスになります。

気になるお値段ですが、「BeoSound 1」は1,750ドル(約20万円) 、「BeoSound 2」 は2,250ドル (約25万円)。スマートスピーカーとは思えないプライスゾーンですが、Bang & Olufsen製品としては、これ、スタンダードな価格なのよね。

でもデジタルオーディオに理解のあるハイエンド・オーディオブランドは、Google AssistantやAlexaの搭載を進めるんじゃないかと感じています。リビングにドン!と鎮座する大型スピーカーは、ボイスコントロール端末として適した存在になるでしょうからね。

Source: Bang & Olufsen

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ