世界最大級、3Dプリントの人工サンゴ礁をモルディブの海へ

  • 11,379

  • author そうこ
世界最大級、3Dプリントの人工サンゴ礁をモルディブの海へ
Image: © 2018 PR Newswire Association LLC. All Rights Reserved. via PRNewsfoto/Summer Island Maldives

テクノロジーは世界を救う。

モルディブのリゾート、サマー・アイランド・モルディブが、3Dプリントで作られた人工サンゴ礁を海に設置しました。サンゴ礁保全が目的で、今回設置されたのは世界で最大の3Dプリントサンゴ礁です。

人工サンゴ礁を作ったのは、オーストラリアにあるReef Design Lab。コンピュータモデルを使ってモルディブの海に実際に生息しているサンゴ礁になるべく近い形で人工サンゴ礁をデザインし、3Dプリントで型を製作。この型から、サンゴ礁の炭酸カルシウムに似た成分の陶器を作り、モルディブへ配送。モルディブに到着すると、これにコンクリートを詰めて海中に設置しました。実は、この陶器は200個ほどのパーツでできており、これを水中でレゴみたいに組み立てたというのですから、かなりの作業です。さすが、世界最大の人工サンゴ礁。

Video: Summer Island Maldives/YouTube

Reef Design Labでプロジェクトを率いたAlex Goadさんも、3Dプリントテクノロジーによってサンゴ礁保全活動がより進めばと期待を寄せています。1年から2年で、自然のサンゴ礁が人工サンゴ礁を覆うほど成長すれば大成功。3Dプリントが従来の保全方法よりも効果的だということが証明されれば、今後さらに活用されることになるでしょう。

Source: PR News Wire, Reef Design Lab, YouTube

あわせて読みたい

powered by