デザイン大事だけど、わかるけど…カナダの自転車置き場、莫大な費用に市民お怒り

  • 12,850

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • Rina Fukazu
デザイン大事だけど、わかるけど…カナダの自転車置き場、莫大な費用に市民お怒り
Image: Para-Sol

もっと良い策があったでしょうに…。

移動手段として、自転車を利用することのメリットは数多くあります。車で移動するより環境にも健康にも良いですしね。カナダのケベックシティーでは、街の自転車置き場が不足していることが数年前から指摘されていました。そこで同市は、新たな自転車ラックのデザインを募集することに。

ケベックシティーの歴史的な街並みに見合った、機能的かつ景観に配慮した自転車専用ラックを導入しようとしました。しかし、「これなら普通の自転車ラックで良かった」という不満の声が押し寄せることになってしまったんです。

デザインにこだわるあまり、コストを度外視

CBCによると、18件の応募からPara-Solによる「Québec à vélo」とHatem+D Architectureによる「ABCyclette」がファイナリストとして残りました。ところがこのコンペの結果、たった7箇所の自転車置き場を設置するのに2年の月日と16万5000カナダドル(約1,400万円)という莫大なコストがかかってしまったのです。しかも、これが「仕方ないよね」で済むような内訳かというと、そうでもありません。

デザイン会社にはそれぞれ、デザインの著作権とプロトタイプ制作費として3万カナダドル(約255万円)が支払われました。でも、それだけじゃありません。4組のセミファイナリストに1万カナダドル(約85万円)、5名の審査員メンバーに協力費として2,000カナダドル(約17万円)、優勝デザインのラックの制作費に3万5000カナダドル(約298万円)、最後に税金2万カナダドル(約170万円)が請求されていたんだそう。イテテ…。

デザインと機能のバランスがとれたインダストリアルデザインを求めるなら、センスと経験のあるデザイナーに支払う報酬はもちろん欠かせないものです。それでもやはり、誰もが親しみやすいデザインを考案するのは簡単ではありません。実際、最終候補に残ったふたつのデザインに関しても、ひとつは「機能性がない」と言われ、もういっぽうは「デザイン性に欠ける」と厳しい目が向けられています。

CBCの計算によれば新たなラックを設置するのにかかった実質的な費用は1箇所あたり2,950カナダドル(約25万円)。一般的なロック式の自転車置き場と比較しても相当高額なものになったのがわかります。

歴史ある街並みのなかで自転車置き場が目障りになるのと、街行く人たちが「あぁ、どうしてこれにあれだけの税金を…」と困り顔になるのと、どちらが良かったか。なんて、いまさら何か言ってもどうにかなるわけではありませんが、ケベックシティーはこの資金でもっと自転車ユーザーに対して何かしらの施策を打ち出せたはずだと議論を呼んでいます。この教訓が今後、何らかのかたちで活きるといいんですけどね。

Source: CBC via Core77

あわせて読みたい

powered by