映画『ダイ・ハード』のナカトミプラザの見学ツアーのレポート。驚くくらいにそのまんま

  • 13,691

  • author Gizmodo io9 - Germain Lussier
  • [原文]
  • 傭兵ペンギン
映画『ダイ・ハード』のナカトミプラザの見学ツアーのレポート。驚くくらいにそのまんま
Photo: Dan Steinberg

巧みな設定・伏線を活かしたエポックメイキングなアクション作品として、映画史を語る上で欠かすことが出来ない作品『ダイ・ハード』。

その30周年を記念(とアメリカで発売されるブルーレイのプロモーション)として、映画の舞台となったナカトミ・プラザこと、フォックス・プラザ(『ダイハード』を作り出した20世紀フォックスの本社ビル)のプレス向けの見学ツアーが行なわれました。

こんかいは、この映画ファンとして羨ましすぎるツアーに参加したio9の記者、Germain Lussierさんのレポートをおお届けします。


『ダイ・ハード』を愛する者として、このビルを隅から隅まで探検できるのはこの仕事をしてきた中でも最高にクールな体験のひとつでした。

ロビーやエレベーターは1988年の撮影当時からほとんど変わっていないとのこと。外観も両側に少し天蓋が追加されたくらいで、ほぼすべてが映画で見た通り。ただ、劇中でLAPDの車両がぶつかって壊れた5つ目の手すりは作り直されておらず、手すりは4つだけに。

中央のものは撮影中に破壊されたため、今では手すりは4本に

180808diehard(2)
Photo: Dan Steinberg


ビルの反対側。天蓋は新しいものですが、他はそのまま。アルのパトカーとジョンのリムジンにご注目

180808diehard(3)
Photo: Dan Steinberg


『ダイ・ハード』にはエレベーターでのシーンがたくさんあったので、あなたもこの模様を覚えているはず

180808diehard(4)
Photo: Dan Steinberg


ロビーはほとんど当時そのまま

180808diehard(5)
Photo: Dan Steinberg


『ダイハード』でのビルの内部のシーンの大部分は、このビルで実際に撮影されたものでした(この映画の制作費を払い配給をした20世紀フォックスの撮影スタジオの隣にあるビルなので理にかなっている)。廊下を走ったり、階段を降りたり、エレベーターに乗ったり、太いパイプの脇を歩いたり、シーンで見たものがそこにありました。分かりにくいものもあれば、マクレーンが屋上に登った階段(実際は地下にある)やブロンドの悪党カールを吊るすのに使ったチェーンなど、ひと目で分かるものもありました。

マクレーンが劇中で何度か屋上へ登った階段

180808diehard(15)
Photo: All Images: io9


その階段の途中にはカールを吊るすのに使ったチェーンが。iPadはそのシーンを見せるために設置されたもの

180808diehard(6)


カールが電話線を切った通路

180808diehard(7)


泥棒たちが素早く滑り降りていった急な階段


180808diehard(8)


マクレーンとハンス・グルーバーが出会い、グルーバーがアメリカ人のフリをしたシーンで使われた場所も映画とそのままで、ツアーガイドは私たちがそのシーンを思い出せるよう小道具まで用意していました。

ナカトミプラザの屋上の爆弾抜き

180808diehard(9)
Photo: Dan Steinberg


飛び降りるための消火ホースも用意されています

180808diehard(10)
Photo: Dan Steinberg


マクレーンとグルーバーが出会い、グルーバーがタバコをもらった所

180808diehard(11)
Photo: Dan Steinberg


35階というかなりの高さ(駐車場は試写会の会場として準備されています)

180808diehard(12)
Photo: Dan Steinberg


ちなみにそのシーンは、映画では分かりにくいものの、実は屋上で撮影されたものでした。ビジュアル的なダイナミックさ少し出すために、撮影チームはいくつかの障害物を追加していましたが、それがなくてもそこだとひと目で分かります。

180808diehard(13)
Photo: Dan Steinberg
標識は撮影当時そのまま。ドックはかなりのサイズ

悪党たちがビルに入りこむのに使った場所であり、リムジンが逃走用の車にぶつかった場所でもある地下のドック部分は、壁の標識も含めてまだ健在。

180808diehard(14)
Photo: Dan Steinberg
映画にも登場したビルの模型もまだ建物の中に。映画でも使われた引用句が添えられています

残念ながら建物はオフィスビルとして現在も使われているので、通常は『ダイ・ハード』がテーマのツアーは行われてはいませんが、ぜひやるべきでしょう。この建物を歩き回ると、映画が撮影されたロケ地としてだけでなく、いかにこの建物と映画が長い時を経ても魅力的なままであることが堪能できますからね。

そしてツアーが終わると、駐車場での『ダイ・ハード』特別試写会が行なわれました。やっぱり今作は未だに色褪せることのない最高のアクション映画のままでしたよ。


これは羨ましすぎる!! そしてツアーが行なわれていないのは残念すぎる。でもとりあえず『ダイ・ハード』が改めて見たくなってきましたね

ちなみに日本でも『ダイ・ハード』製作30周年記念版が発売中。ちゃんと野沢那智版の日本語吹き替えも入っていますよ!

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ