下手くそダンス映像をキレッキレに補正してくれるAIが登場

  • 8,929

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
下手くそダンス映像をキレッキレに補正してくれるAIが登場
Image: Caroline Chan/YouTube

軽快なバレエも再現可能。

たとえばオバマ元大統領の映像に好きなセリフを喋らせたり、Google(グーグル)が8万枚以上のストックから自分のポージングと同じ画像を瞬時に表示させる人工知能を作ったりと、フェイク画像/映像の生成だって動体検知だってお手の物になったAI。

このたびカリフォルニア大学バークレー校が開発した新技術は、誰でもポップ・スターのブルーノ・マーズ(および他人)がダンスする動きを、映像内で完コピさせてくれるという愉快なもの。

Everybody Dance Now!

その題名は「エヴリバディー・ダンス・ナウ」。わかる人にはニヤリとさせられる名前ですね。

Video: Caroline Chan/YouTube
ブルーノ・マーズ自身がカクカクしているだけに違和感ナシ

少々ぎこちない感じですが、ソース映像の動きからポージングが検出され、棒人間モデルに変換されたのちターゲット映像に反映されていることがわかります。そしてターゲット映像にもあらかじめダンスめいた動きをAIに登録させておくことで、AIは描写が楽になるようです。でも学習できていない動きは自動で生成することになるので、途中で手が消えたりという現象も起こっていますね。

良くも悪くもモーションキャプチャよりお手軽

一見すると、ハリウッド映画のモーション・キャプチャーみたいなですが、あれは元々フル3Dのモデリングがあり、それに役者の動きをトレースさせています。ですがこちらはモデリングではなくターゲットになる人間の映像が元なので、ちょっとお手軽な感じかなという気がします。

これなら誰でも、ブルーノ・マーズどころかマイケル・ジャクソンだってアンナ・パヴロワだって、練習することなくダンスを完コピすることができちゃういますね。しかもダンス以外にも応用できてしまうので、いつかは防犯カメラの映像なんかをニセモノに改ざんする輩なども登場してしまうかもしれませんね。

Source: YouTube, Everybody Dance Now

    gather round 特集ページ

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ