新世代NVIDIA GPU! ディスプレイの中が、もはやリアルより綺麗じゃないかと思う「GeForce RTX 2080 Ti」

  • 29,165

  • author 武者良太
新世代NVIDIA GPU! ディスプレイの中が、もはやリアルより綺麗じゃないかと思う「GeForce RTX 2080 Ti」
Image: NVIDIA

破壊シーンだけではありません。無数の粒子がきらめく水面、オイルを塗ったかのようなクリア層を感じさせる塗装面の反射表現。恐れ入りました。

Windows PCをカスタムしまくっているハイエンドゲーマーのみなさま、長らくおまたせしました。NVIDIAが次世代GPUである「GeForce RTX 20」シリーズを発表しましたよ。新世代の「Turing」アーキテクチャを採用し、4K HDRのゲームを60fpsで描写しまくるモンスターですよ。

Video: NVIDIA GeForce

キーポイントはリアルタイムレイトレーシング。光の反射、屈折、陰影をリアルタイムに演算しながらディスプレイ上に描いていく技術です。たとえば光の反射は、反射面となる材質によって光の状態が大きく変わります。世界は、必ずしもハッキリクッキリしたものではなく、時には鈍い光、柔い光にまみれています。この反射光の再現度によって、体感できるリアル度は変わってくるのですが…どうですかコレ。レンダリングして作ったといわれても納得しちゃうクオリティじゃないですか。

Video: NVIDIA GeForce

光源によって、また反射面によって大きく変わる光の質感。特に手持ち花火を持っている子供が照らされ、うごめく影のグラデーションは鳥肌もの。またダイナミックレンジも広く、淡く弱い光に照らされた部分のマテリアルもわかるようになっていますね。

レイトレーシングはモーションブラー被写界深度の表現においても効果的な技術です。戦闘機やスーパーカーのように、またはスーパーヒーローのように、高速に動くオブジェクトのスピード感の表現もまた進化しそうでなにより!

Video: NVIDIA GeForce

最初に登場するのは3モデル。「GeForce RTX 2080 Ti(999ドル、約11万円、9月20日発売)」、「GeForce RTX 2080(699ドル、約7万7000円、9月20日発売)」、「GeForce RTX 2070(499ドル、約5万5000円、10月発売予定)」です。

GeForce RTX 2080 TiとGeForce RTX 2080はオプションの「GeForce RTX NVLink ブリッジ」を使うことで、SLI接続(並列接続、SLI接続は今回からNVLinkと呼ぶらしい)も可能です。

Source: NVIDIA

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ