中国ユーザーからのネット人気、BaiduのCEOは自信満々だけど約8割がGoogle派

  • 10,835

  • author 岡本玄介
中国ユーザーからのネット人気、BaiduのCEOは自信満々だけど約8割がGoogle派

不在なのにこの人気っぷり。

2006年に中国市場に参入し、Baidu(バイドゥ)に次ぐユーザー数を獲得したGoogle(グーグル)。ですが政府の検閲やハッキング攻撃など受難の日々が続いたため、2010年に撤退。その後、香港に拠点を移したという経緯があります。

The Vergeによりますと、そのGoogleがクラウドサービスを引っさげて中国への再参入を考えているのだそう。これに対して中国No.1の検索サイトBaiduのCEO李彦宏は、WeChatのアカウントにこう記しました。

もしGoogleが中国に戻っても、我々はPKで再び勝利するだろう

「PK」とは、中国のMMORPGゲーマーが使うスラングで、「プレイヤーキル」のこと。つまり李氏はGoogleを倒すと宣戦布告しているわけです。

どちらの企業も検索エンジン、クラウドサービス、それに自社サービス向けのAI開発に、ハードウェア開発も行なうとあって、競合中の競合なんですよね。そして2010年以降はBaiduが中国を独占しており、市場の70%を吸収している状態なんだそうです。李氏が大変な自信なのも頷けます。

不動のGoogle人気と再上陸への期待

ところが、Weiboで「もしGoogleが中国に戻ったらどのサービスを使いますか?」とアンケートを募ったところ、85.7%対6.6%でGoogleの圧倒的勝利となりました。さらに、その集計結果はWeiboから削除されてしまったそう。…謎の力を感じずにはいられません。

とはいえ、誰かが撮ったスクリーンショットは今もネットで拡散されています。WeChatの専門家、マシュー・ブレナン氏がTwitterに掲載したアンケートの結果を見てみましょう。

3番目の選択肢は「どちらでもOK」。それでもたったの7.7%なので、中国でもGoogleブランドが強大なことがわかります。もし復活したら、Baiduはあっという間にひっくり返るかもしれません。

Source: Twitter via The Verge
Reference: NHK BUNKEN

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ