動かない腕の感覚を戻すリハビリ用外骨格「HARMONY EXOSKELETON」

  • author 岡本玄介
動かない腕の感覚を戻すリハビリ用外骨格「HARMONY EXOSKELETON」
Image: ReNeu Robotics Lab

こういう形で人をサポートするロボットもアリです。

人助けをするロボットを聞くと、荷物運びやスマートホームみたいに、生活をちょっぴり楽にしてくれる外的サポートってイメージがありますよね。ですが、なかにはもっと人の内的な機能を助けてくれるリハビリ用ロボットなんてものも存在します。

今回ご覧いただく「HARMONY EXOSKELETON」は、発作や脊髄に関わる事故で上半身が不自由になった人向けに、腕を動かすモーションから再び自力で腕を動かすことを目的にサポートしてくれるものとなっています。

Video: Tech Insider/YouTube

「HARMONY EXOSKELETON」は、神経学的障害を負った人たちに向けて、上がらなくなった腕や肩が上がるよう機械の力で優しくひと押ししてくれます。

これは毎秒2,000回ものデータを記録し続けるアルゴリズムを基に、モーション・センサーが人の動く方向を検知してくれるからこそ。もしもリハビリのコースとは違う動きをしようとしたら、ロボットが自動的に正しい位置に補正してくれます。

開発したのは、ReNeu Robotics Lab。この研究部門は、テキサス大学の機械工学部の一部で、身体が不自由な人たちのQOLを高めるべく革新的なロボット機器を作っているところです。

今は上半身用しかありませんが、いずれは足腰や手指などのリハビリができるロボットも作られるかもしれません。こんな形で人助けをするのも、またロボットの一面ってことです。

Source: YouTube, ReNeu Robotics Lab

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ