デュアルレンズでも廉価な「HTC U12 life」。お安いHTCという選択肢が追加

  • 8,359

  • author 小暮ひさのり
デュアルレンズでも廉価な「HTC U12 life」。お安いHTCという選択肢が追加
Image: HTC

HTCには手が出ない。

といった層まで刈り取る「life」HTCは、ベルリンで行なわれている IFA 2018にて、ミドルクラスのスマートフォンHTC U12 life」を発表しました。

搭載OSはAndroid 8.1(Oreo)で、SoCはSnapdragon 636、ディスプレイは6インチ(1080×2160)、RAMは4GB、ROMは64GB、メインカメラは二眼で16MP+5MPという構成。HTCの特徴だった、握って操作する「エッジセンス」は省かれているようです。

先に発表されていたフラッグシップモデル「HTC U12+」がとにかく最速でモリモリなハイスペック機だったのに比べると、こちらは「THE・ミドル」といった感じですね。それでも大画面6インチで、トレンドの二眼。フロントカメラはLEDフラッシュつき、バッテリーも3,600mAhと、普段遣いにゃ十分楽しめそう。それでいて発表された端末価格は299ポンド(日本円換算で約4万3471円)。大画面でそこそこ性能の良いスマホは? といったニーズに対してのアンサーとしては、アリ寄りのアリでしょう!

ちなみに、NFCも搭載されているので、ひょっとしたら国内発売モデルはFeliCaに対応! …とかしてくれると胸アツ。HTC U12+の国内モデルが防水防塵でFeliCa対応だったので、新モデルにも否応なしに期待したくなります。

180830htk01
Image: HTC

個人的によくやった!なのが、このグリップ感良さそうなデザイン。

HTC U12+のツルツルテカテカスベスベリ〜なボディも好きなんですけど、あまりにもスベスベ過ぎで落下リスクも高くてヒヤヒヤするんです。その声を反映したのかどうかはわかりませんけど、このデザインなら端末が滑り落ちるリスクも減ることでしょう。

ストライプの材質はアクリルらしいので、傷には注意。でも、実用面で考えたらこれもまた正解な気がするのです。

Source: HTC

あわせて読みたい

powered by