ゲーム内通貨を盗んだハッカー、仮想通貨で保釈金を払うよう命じられる

  • author Rhett Jones - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
ゲーム内通貨を盗んだハッカー、仮想通貨で保釈金を払うよう命じられる
Image: Getty

裁判所的に仮想通貨で支払いはアリアリ。

先日サンフランシスコ空港にて、ゲーム会社Electronic Artsのサーバーをハックしてゲーム内通貨を盗み出そうとしたマーティン・マーシックが逮捕されました。

Daily Post社によりますと、彼は8月16日に連邦裁判所へ出廷し、裁判官は彼を釈放する前に社会復帰訓練所に入所するよう判決を下しました。と同時に、ビットコインまたはその他の仮想通貨で75万ドル(約8,300万円)分の保釈金を支払うよう言い渡したのでした。

仮想通貨で保釈金を支払うケースは十分にありうる

州検察官補佐のアブラハム・サイモンズいわく、この判決は人々が思うほど珍しいことではないのだそうです。それは被告人に手持ちの資金がない場合、保釈金の支払いに現金以外の財産が使えるのです。これまでにも、保釈金の支払いが必要になった人々のために仮想通貨をマイニングする運動が起こったこともありました。

ビットコインは昨年12月に急上昇があり、2018年は2万ドル(約221万円)近い値が続いている状態です。CoinMarketCapによると、この記事が公開されたときの価格は6495ドル(約72万円)でした。裁判長のジャクリーン・コーリーは、ビットコインの価格変動もシッカリ考慮して、保釈金を米ドルに限定していました。ちなみにサイモンズは「もしかしたら、急激な価格変動が判決で出た金額を変更するに至る可能性も考え得る」としています。

罰金も仮想通貨で支払えるかは不明

Kotakuの情報では、マーシック被告はセルビアとイタリア市民の25歳で、彼はサーバーに侵入後、サッカーゲームの『FIFA 18』を1万7000人のアカウントに配り、8000アカウントにゲーム内通貨パックを追加しました。さらにはそれらのアカウントをネット上のブラック・マーケットに売り捌き、結果32万4000ドル(約3585万円)を取得したのでした。

もし彼に有罪判決が下れば5年の刑期が言い渡されることとなり、25万ドル(約2766万円)の罰金が課せられることになります。そっちのほうは仮想通貨で払えるのかどうか? まだ定かではないようです。

Source: Daily Post via The Next Web, CoinMarketCap, Kotaku

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ