史上初、野生のシャチにお薬が投与されました

  • 11,128

  • author George Dvorsky - Gizmodo US
  • [原文]
  • 中川真知子
史上初、野生のシャチにお薬が投与されました
Image: NOAA Fisheries

どうしても手を出さずにはいられませんでした。

先日、野生のシャチに専門家が初の医学的介入を試みました。弱っていた子シャチに抗生物質を投与したそうです。

絶滅危惧種のサザンレジデント・キラーホエール

アメリカ海洋大気庁の生物学者チームとバンクーバー水族館、その他の機関が「J50」、通称スカーレットと呼ばれる3歳のシャチを数週間に渡って追跡していました。原因は明らかではありませんが、彼女は命が危ぶまれるほどの低体重で、しばしば昏睡に陥っているようでした。

スカーレットは、絶滅危惧種に指定されているサザン・レジデント・キラーホエールの1匹で、76匹が集う群れ「J-ポッド」のメンバーです。それぞれのポッドのメンバーの命、特にメスの命を維持することは非常に重要とされているため、特別処置として野生動物への医学的介入が行なわれました。

診断は栄養失調だけど、抗生物質を予防的に投与

APによると、先日、バンクーバーに住む獣医師のマーティン・ハウレナさんは、ワシントン州のサンフアン島近くのボートからスカーレットを目視検査しました。そして彼のチームの協力のもと、ハウレナさんはダーツを使って近距離から抗生物質を投与しました。なお、衰弱の原因ですが、スカーレット以外のポッドのメンバーに栄養失調の兆しは見られないため、食料不足は考えられないようです。

カナダの漁業/海洋研究科学者であるシエラ・ソーントンさんはCBCに「スカーレットの病理診断は栄養失調以外下されていません。なので抗生物質による治療は予防的なものです」と話しています。今後、チームは観察を継続し、抗生物質や他の薬物とともに生きたキングサーモンを与えることを検討する予定です。

タクレアと呼ばれる、母親のシャチもニュースに

実は、サザン・レジデント・キラーホエールに関するニュースは今年の夏で2度目です。前回はメスの成獣のJ35、通称タレクアが死んだ我が子を離さず17日ともに泳いだと報じられて涙を誘いました。

180814antibioticorca1
Image: NOAA Fisheries

タレクアの精神面を考慮し、専門家は無理に死んだ子シャチを引き離すことなく見守る方針だったそうです。

スカーレットの栄養失調も精神的なものから来るのでしょうか。回復してほしいですね。

Source: AP, CBC, The Seatle Times

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ