マウント部分でワイヤレス充電ができるスマホジンバル「MOZA Mini-MI」

  • author 塚本直樹
マウント部分でワイヤレス充電ができるスマホジンバル「MOZA Mini-MI」
Image: 株式会社リンクスインターナショナル

あ、これは便利。

スマートフォンの動画撮影をビシッと安定させてくれる「スマホ用ジンバル」ですが、意外と気になるのはスマートフォンのバッテリー残量だったり。とくに動画の撮影中はガンガン減りますからね。

そんな心配を解決してくれそうな、スマホジンバル「MOZA Mini-MI」が、リンクスインターナショナルから販売されます。

MOZA Mini-MIは3軸のスタビライザーを搭載したジンバルで、マウント部分には幅61〜92mm、最大300gまでのスマートフォンが取り付けられます。

180808_moza_mini_mi_1
Image: 株式会社リンクスインターナショナル

そして、このマウントの部分に最大の特徴がありまして、なんとワイヤレス充電パッドになっているんです。MOZA Mini-MI本体の2,100mAhのバッテリーから5Wの充電ができます。これはナイスアイデア。

MOZAMini-MI(10)
Image: 株式会社リンクスインターナショナル

また本体バッテリーだけじゃ心細いときでも、モバイルバッテリーからジンバルを通してスマホに給電できます。

MOZAMini-MI(11)
Image: 株式会社リンクスインターナショナル

スマホへの充電は、ワイヤレスだけでなく有線ケーブルでスマートフォンを充電することもできます。有線ケーブルでスマホと繋げられる点では「Osmo Mobile 2」と同じですね。

180808_moza_mini_mi_4-1
Image: 株式会社リンクスインターナショナル

ジンバルの機能としては、手元のスティックでジンバルの向きを制御できます。ですが、スティックのほかにもうひとつダイヤルホイールが付いているのが見えますね。

このダイヤル、専用アプリ経由で、カメラの露出やISO感度を制御できるんです。ダイヤルホイールはZhiyun(ジウン)のジンバルにもあったりすんですが、これはとても便利そう。

またアプリでは、選択した被写体を追尾する「オブジェクトトラッキング機能」も当たり前のように搭載。面白いものとしては、動きものを撮るために、ヨー軸(旋回軸)のフォロー速度を解放してくれる「スポーツギアモード」があります。細かい機能が嬉しいジンバルですね。

Video: Gudsen MOZA/YouTube

スマホへの充電をしなければ最大10時間の駆動が可能。もちろん技適に適合しており、日本でも安心して利用できます。

MOZA Mini-MIの価格はAmazon.co.jpで1万4300円(公開時点)。スマートフォンを利用しての長時間撮影に挑みたいときなどに、強力な味方となってくれそうです。

Source: 株式会社リンクスインターナショナル

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ