コンドームより失敗しない!? デジタル避妊アプリがアメリカ食品医薬品局の認可を受ける

  • 34,674

  • author Ed Cara - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
コンドームより失敗しない!? デジタル避妊アプリがアメリカ食品医薬品局の認可を受ける
Image: Natural Choices

妊娠したいカップル、避妊したいカップル、それぞれに便利なアイテムとなりそうです。

アメリカ食品医薬品局(FDA)はデジタル避妊アプリ「Natural Cycles」を認可しました。Natural Cyclesはすでにヨーロッパでは使用されているアプリですが、FDAに認可された最初のデジタル避妊デバイスということになります。

月経周期に基づいたリズム法のデジタル版

スウェーデンの会社によって開発されたこのアプリは、月経周期に基づいて妊娠しやすい日と妊娠しにくい日を予測するリズム法のデジタル版のような感じ。ユーザーの体温を計測したデータを使ったアルゴリズムをベースに月経周期を予測し、緑のマークが出る日は妊娠しにくい日、赤のマークの日は妊娠しやすい日とアプリが教えてくれる仕組みです。

女性の体温は、卵子が卵巣から排卵され受精の準備ができると、平均体温よりも1度弱ほど上がります。使い方としては、ユーザーは体温計で測った体温を小数点まで入力、するとアプリがデータの解析・計算をして妊娠しやすい時期を教えてくれます。FDAのレビューによると、このアプリは他の避妊法とほぼ同じように避妊をすることができると評価しています。

失敗率はかなり低い

FDAは認可評価にあたり、過去8カ月間このアプリを使用している1万5570名の女性のデータを調査。完璧な使い方(アプリが妊娠しにくい日と示している日にしかセックスをしない)をしているユーザーでは1.8%の失敗率だったようです。これは、1年に100人中2人が妊娠するということになります。

アプリが妊娠しやすい日としている日に避妊具を使わずにセックスしたり、アプリが間違えて妊娠しにくい日と表示してしまった日にセックスしても、失敗率は6.5%。実はこれかなり低いんです。というのも、たとえばコンドームの場合の失敗率はなんと18%、100人中18人が妊娠するという統計が出ています。

「毎日の自分の健康状態をデジタルヘルステクノロジーを使って知るという人が増えてきています。このアプリはしっかりと正しく使われれば、効果的な避妊をすることができるのです。しかしながら、完全な避妊というものはないと認識していただきたいと思っています。ですので、正しくこのデバイスを使用していても妊娠する可能性もあるということは忘れないでいただきたいのです」とFDAで女性健康のアシスタントディレクターを務めるTerri Cornelisonさんは語っています。

世界中で60万人以上の女性が使っている

一方不具合の報告もあり、このアプリを使った37名の女性が去年の9月から12月の間に望まない妊娠をし、中絶手術を受けるという結果になったとスウェーデンの病院が報告・調査をしています。しかしNatural Cycles社は、これらの望まない妊娠は普通に使用している時に起こる小さな失敗の例にすぎず、避妊をしていた形跡がないのであれば無効と考えるべきと回答しています。

現在、160カ国で60万人以上の女性がこのアプリを避妊法として使用しているとのこと。アプリの使用料は年間80ドル(約8800円)で月額だと10ドル(約1100円)で、年間の場合は高感度体温計も一緒に使えます。日本にもやってくる日が来るのでしょうか?

Source: FDA, Endgadget

gather round 特集ページ

こちらもおすすめ