飛行機をバードストライクから護る完全自律型のドローンを研究中

  • author 岡本玄介
飛行機をバードストライクから護る完全自律型のドローンを研究中
Image: Shutterstock

勝手に飛んで事故を防いでくれたら最高ですよね。

飛行中のジェット機エンジンに、野鳥が突っ込むバードストライク。乗客の安全にも関わりますし、技師たちがエンジンをメンテナンスするのも大変なご苦労だと思います。

これをなんとかして回避できないものか?と考え、インペリアル・カレッジ・ロンドンとカリフォルニア工科大学、そして韓国のKAISTの研究者たちが力を合わせ、自律型ドローンで鳥たちを追っ払う技術を確立しつつあります。

Video: caltech/YouTube

従来の解決策は、生きたハヤブサリモコン飛行機で滑走路の鳥を散らすしかありませんでした。ですが研究者たちは、ドローンが手軽になった今こそ、野鳥たちを傷つけることなく進路を変えさせるのに効果的だと思いついたわけです。

野鳥の群れには先頭を飛ぶリーダーがいて、それに従う鳥たちがおり、この群体飛行はレイノルズ・ルールという法則に従っているのだそうです。そのリーダーを威嚇して方向を変えさせるようアルゴリズムを組み、ドローンを飛ばすと…? 2度の実験ではどちらも成功していますね。仮想的に護りたいエリアからちゃんと追っ払っています。

この研究は、アメリカ国立科学財団のキャリア・アウォードから基金を貰って、進められているとのこと。報告書には、さらに詳細な説明や図、それに難解な計算式などが満載です。興味のある方はぜひどうぞ。

しかし素朴な疑問ですが、野鳥は小型ドローンからは逃げるのに、巨大飛行機に突っ込むのはナゼなんでしょうねぇ?

Source: YouTube, IEEE Xplore

あわせて読みたい

powered by