「僕をちゃんと見て」。スマホ中毒の親を持つ子どもは、大切にされていないと感じる

  • 8,737

  • author 中川真知子
「僕をちゃんと見て」。スマホ中毒の親を持つ子どもは、大切にされていないと感じる
Image: Cookie Studio/Shutterstock.com

最近、5歳の息子がこんなことをいうようになりました。

ママ、電話ばっかり触ってないで僕のことをちゃんと見て

かなり胸に刺さりました。スマホ中毒の自覚はありましたが、息子の前では使用を控えているつもりでした。でも、やっぱりスマホを触る回数が多いんだな、寂しい思いをさせていたんだなと気づかされたんです。

そんなとき、スマホ中毒な親を持つ子どもは「親から大切にされていない」と感じているというネタを発見。保護者に有益な子育て情報を送るウェブサイトParentingに掲載されていました。

親のスマホ中毒が子どもに影響を与える

今年の6月、AVGテクノロジーは、ブラジル、オーストラリア、カナダ、フランス、イギリス、ドイツ、チェコ共和国、アメリカに住む8歳から13歳の子ども6,000人を対象にアンケートを行なったそう。すると、両親がスマホをいじっていると自分が重要視されていないと感じている子どもが32%もいることが判明しました。親の注意を引きたい時に、テクノロジーと自分を天秤にかけられる虚しさを感じているのです。

また、54%の子どもが、親がスマホをいじりすぎていると感じており、それに対して52%の親が完全に同意ています。自分たちが子どもにとって悪い見本になっているのではないかと危惧しているといいます。

さらに、Global Newsによれば、Technoference(スマートフォン依存がもたらすコミュニケーション障害)は後に子どもの問題行動を引き起こすことがわかっています。

イギリスの国民保険サービスは、子どもの内在化・外在化問題行動のどちらも母親のスマホ中毒と強い関連性がみられていると発表しています。いっぽう父親がスマホ中毒でもそれほど影響がみられないのだそうです。ただ、これは父親が子どもとどう関わっているか、家庭内でどれくらい存在感を発揮しているのかにも左右されるかもしれません。

ジョブズは子どもにiPhoneを持たせなかった

The Indipendentなどでも報じられているとおり、iPhoneの生みの親であるスティーブ・ジョブズが自分の子どもにiPhoneやiPadを持たせなかったのは有名な話。その理由は、このようなガジェットは便利であるいっぽうで、諸刃の剣であることを知っていたから。それに、不便さこそ創造性を育むと身を以て知っていたから。

それだけでなく、ジョブズは親子間コミュニケーションを大切にしていた様子。毎晩ディナーでは本や昔のことをはじめ、子どもたちとさまざまな話題を楽しんでいました。子ども達もiPadを触りたがったり、依存している様子はなかったのだそうです(我が家の5歳児はすぐに触りたがるので猛省…)。

私たちは初のスマートフォンありきの子育て世代です。スマホとどう付き合うのか、を子どもに身を以て教える責任重大な世代として、あらためて私も自分の生活を省みてデジタルデトックスを進める必要があると痛感させられました。

Source: Parenting, Global News, The Indipendent

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ