車体を塗装するよりも安いとな。ソーラーパネルを車体全面に組み込んだ電気自動車発売へ

  • 45,568

  • author 塚本 紺
車体を塗装するよりも安いとな。ソーラーパネルを車体全面に組み込んだ電気自動車発売へ
Image: Sono Motors

「あったらいいな」が実現しましたね。

太陽光で発電をしながら走る電気自動車。ソーラー発電と電気自動車について知った子どもなら誰でも一度は「じゃあ組み合わせたらいいじゃない」と思ったことがあるはず。そんな気軽な発想も、もちろん実現するのには複雑なテクノロジーやコストといった問題があってこれまで実現はしてきませんでした。しかし、しかしです。

ドイツのスタートアップ企業であるSono Motorsがなんと太陽光発電で(追加的に)充電する電気自動車を来年発売すると発表したのです。価格は280万円ほどになるとのこと。

180814_sonomotors-3
Image: Sono Motors

彼らは既に電気自動車モデルであるSionを開発していましたが、そこに太陽光発電機能を搭載させる形になります。彼らのプレスリリースによると、通常の充電では一度で約250kmの走行ができ、太陽光では約30kmの走行分の充電を行なうとのことです。価格は1万6000ユーロ(約202万円)。

80%までの高速充電は30分で完了なので、利便性も高そうです。1日のソーラー充電で約30km走行する分はまかなえるということは、短距離の通勤や、主に週末に車を使う、といったユーザーにとっては充電の必要もかなり少なくてすむのではないでしょうか。

ソーラーパネルが車体に組み込まれているわけですが、なかなかデザインも悪くありません。まさに文字通りのエネルギーの血管が張り巡らされているような、そんなSF感もあって私は好きです。外側は錆びることもひっかき傷もつかないポリカーボネートとなっています。

180814_sonomotors-2
Image: Sono Motors

こんな未来の車が可能になった背景にはソーラーパネルの価格が安くなったことがあげられます。驚くことに、Sono MotorsのCEOで共同ファウンダーであるLaurin Hahnさんは、「車の黒いポリカーボネート車体にソーラーパネルを組み込むほうが、従来の方法で車体を塗装するよりも安い」と述べているんです。ペンキを塗るよりも...安い!?

ちょっと想像がつきませんが、なんとも素晴らしい時代になったものです。ボンネット、横、後ろ、上、と車体のすべてにソーラーパネルを組み込んだ電気自動車は世界初とのこと。

今現在の先行予約数は6,500台ということで、マーケット全体の規模からみると極めて小さいですが、業界のルールをぶち壊す新しいデザインになるのでしょうか。

Video: SONO MOTORS/YouTube

Source: Sono Motors via Think Progress, YouTube

gather round 特集ページ

こちらもおすすめ