スマートスピーカー「Sonos One」開封の儀!

  • 9,742

  • author 山本勇磨
スマートスピーカー「Sonos One」開封の儀!
Photo: 山本勇磨

憧れのSonosとやっと出会えた!

8月3日から日本での先行販売が始まったSonos(ソノス)のスピーカー製品。本日、さっそく販売を行なっているビームス 原宿に駆け寄って、スマートスピーカーの「Sonos One」を買ってきました!

シンプルなデザインと高級なサウンドで海外では定評のあるSonos、いよいよ日本上陸ですよ。じゃあ開封!

アンボックス:さすがSonos、プロダクトは最高だね

180803_sonos_one-1127857
Photo: 山本勇磨
価格は2万3800円(税別)


180803_sonos_one-1127870
Photo: 山本勇磨

箱から出すと、布に包まれたSonos Oneが登場。ACアダプターは本体内蔵で、メガネ端子を繋げるだけ。一番左はLANケーブルです(詳しくは後ほど)。今回はホワイトを買いましたが、ケーブルも白。これはポイント高い。

180803_sonos_one-1127879
Photo: 山本勇磨

布、外しますか。

180803_sonos_one-1127897
Photo: 山本勇磨

出ました本体。色味は白のなかでもかなりの白。とてもフレッシュで、無印良品の家電のような満足感。木目との相性もバッチリです。

180803_sonos_one-1127926
Photo: 山本勇磨

大きさ比較。Google Homeが小さく見えるサイズ感です。

180803_sonos_one-1127936
Photo: 山本勇磨

HomePodとの比較。高さはほとんど一緒で、直径はHomePodのほうが少し大きいです。

180803_sonos_one-1127948
Photo: 山本勇磨

本体の操作は上面で行ないます。ここがタッチパッドになっており、タップやスワイプで再生/一時停止、音量アップ/ダウン、マイクのミュートが可能。

180803_sonos_one-1127906
Photo: 山本勇磨

後ろ側。スマートスピーカーでは珍しく、イーサネットポートをそなえています。Wi-Fiが不安定な場合は、ルーターとSonos Oneを接続して使うことができます。イーサネットポートの上には、セットアップの際に使うボタンがあります。

というわけで、本来はここからスマホアプリと接続して、セットアップを行ないます。セットアップの方法はこちらの記事に譲るとして、少し音の感想を。

買ってきた「Sonos One」、さっそくセットアップしてみよう

スマスピの宿命、それは初期設定。オーディオメーカーのSonos(ソノス)が日本に初上陸しました。ついさっき先行販売が行なわれていたBEAMS 原宿...

https://www.gizmodo.jp/2018/08/sonos-one-setup.html

インプレッション:解像感が高く、パリッとした音

まず、インプレッションの前に衝撃の事実を。Sonos Oneは紛れもなく“スマートスピーカー”で、本来ならAmazon Alexaが使えます。しかし、日本語の音声認識機能が使えるのは9月から。先行販売されているOneを買っても、すぐにスマートスピーカーとして使えるわけではありません。

それを踏まえて、普通のBluetoothスピーカーとして音楽を聞いたインプレッションです。チューニングは中音域から高音域に振られている印象。Boseのような自然に伸びやかに響く音というより、高いビットレートの音源を聴いているようなパリッとした音が楽しめます。

宇多田ヒカルの『First Love』を聴いたのですが、息継ぎの音や「だはー」の声が鮮明で、とても気持ちいい。音の好みもありますが、基本的なスピーカーとしてのクオリティは、Sonosに対する憧れや期待に100%で答えてくれる素晴らしい音でした。

おまけ:他のSonosスピーカー

180803_sonos_one-1127831
Photo: 山本勇磨

冒頭のとおり、今回はビームス 原宿にてSonosのスマートスピーカーが販売中。今回のSonos One意外の製品も展示されていたので、少しご紹介を。

180803_sonos_one-1127728
Photo: 山本勇磨

TVサウンドバーの「Sonos Beam」。

180803_sonos_one-1127732
Photo: 山本勇磨

大型のBleutoothスピーカー「Sonos Play:5」。

180803_sonos_one-1127738

そして今回のスマートスピーカー「Sonos One」。カラーは黒もあります。

2018年8月4日 14:30訂正:イーサネットポートの上のボタンを「ミュートボタン」としておりましたが、正しくはセットアップ用のボタンでした。

Source: Sonos

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ