ヘッドマウントディスプレイ「StarVR One」登場! 視野210°の超広大VR!

  • author 山本勇磨
ヘッドマウントディスプレイ「StarVR One」登場! 視野210°の超広大VR!
Image: StarVR Corporation

法人向けの製品版です。

AcerとStarbreeze出資のVR企業、StarVRから新しいVR HMD「StarVR One」が発表されました。ただいまカナダで開催中のコンピューターグラフィクスの学会、SIGGRAPHにて!

StarVRといえば、企業名と同じ名前の「StarVR」というVR HMD(VRヘッドマウントディスプレイ)がありました。これは210°のすごく広い水平視野角もつVR HMDとして有名で、今回のStarVR OneはそのStarVRの改良版。これまでは開発版として一部の映画館やゲームセンター(体験記はこちら)に導入されていましたが、この度、製品版としてリニューアルしました。

StarVR One

180815_starvr_one_1
Image: StarVR Corporation


StarVR One

180815_starvr_one_2
Image: StarVR Corporation


StarVR One

180815_starvr_one_3
Image: StarVR Corporation


StarVR One

180815_starvr_one_4
Image: StarVR Corporation


210°のリッチな視野角は引き継ぐ

180815_starvr_one_5
Image: StarVR Corporation

StarVR One、企業向けの製品とのことで、まだ僕らが買えるものではなさそうですが、やはり今回も水平視野210°のリッチな仕様を引き継いでいます。比較までに、HTC Vive/Vive Proが水平110°、PS VRが100°です。

SIGGRAPH現地で取材しているMogura VRによると、両目に2分割された映像をさらに分割して、4分割の映像を出力するみたい。それをStarVR特許のレンズを通し、広い視野角のシームレスに出力するそうで、210°への努力は並大抵のものじゃないですね…。

見ている場所を検出するアイトラッキング・テクノロジー搭載

180815_starvr_one_6
Image: StarVR Corporation

リフレッシュレートや垂直視野角など、仕様に細かな改良が見られるStarVR Oneですが、大きな進化はユーザーの視線を追跡する「アイトラッキング・テクノロジー」が組み込まれたこと。Tobii(トビー)社の技術が使われています。

Tobiiはこういうアイトラッキング・デバイスを開発している企業で、PCに繋げると「画面のどこを見ているのか?」ユーザーの視線を追従できます。そんなTobiiのアイトラッキング技術がStarVR Oneでも活用されます。

180815_starvr_one_7
Image: StarVR Corporation

具体的には目の焦点が合った部分を検出して、そこだけ高品質レンダリングをするみたい。すごくない? いわゆるフォービエイテッド・レンダリングの仕組みを取り入れることで、接続先のPCによる処理を効率よく行なえるのです。

StarVR Oneは2種類

180815_starvr_one_8
Image: StarVR Corporation

StarVR Oneは、「StarVR One」と「StarVR One XT」の2種類でリリース。それぞれの違いは位置トラッキングの方法にあり、それゆえハードウェアも若干違っています。

どちらも外部センサーが必要なアウトサイドイン方式ですが、StarVR OneはHTC Viveのトラッキングシステムに対応。すでにViveの環境を持っているならセンサー類を流用できます。

StarVR One XTはトラッキングの汎用性があるモデルで、光学マーカーによる光学トラッキングシステムに対応。初期状態では、PhaseSpaceのトラッキングシステムに設定されているようです。

プラットフォームはまだないが…

StarVR Oneはまだ僕らが買えるものではないと言ったのも、StarVRのHMDはプラットフォームに対応していません。つまり、SteamVRやOculus Storeのように、ゲームをすぐにダウンロードできる環境はありません。

しかしです。Unreal Engineを開発したEpic Gamesは、クロスプラットフォームAPI「OpenXR」を視野に入れてStarVRと協力しているようなので、プラットフォームに依存しない方向も期待できそう。

いやはや、我々も広大なVRの世界にいけるのも、あとは時間の問題ですな。

Source: PR TIMES, Mogura VR

    gather round 特集ページ

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ