エジソン、実は大西洋を横断する通話は不可能だと思ってた

  • 6,886

  • author Matt Novak - Gizmodo PALEOFUTURE
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
エジソン、実は大西洋を横断する通話は不可能だと思ってた
Illustration: Novak Archive

何事も「絶対」はない!

トーマス・エジソンは誰もが知る発明家ですが、未来に対する予言もしていました。でもどんなに賢い人でも未来を知ることは難しいようです。1894年、エジソンは「大西洋を横断する電話通話は不可能」と予言していました。でも約30年後にそれは間違いだと証明されちゃいました。大西洋をまたぐ初の通話が1927年に行なわれたからです。

エジソンが1894年10月28日にGalveston Daily Newsとのインタビューで大西洋を横断する通話は大変複雑で特別な電線が必要になると説明しています。

大西洋を横断する通話は不可能だと思っています。電線を覆う「ガタパーチャ」の帯電のせいです。すべての物質はある程度帯電するので、今使用しているものを廃棄しても問題の解決にはなりません。ヴァレンシア島とニューファンドランド島の敷設工事では、たくさんのガタパーチャが電線に使われています。信号が送られる頃にはすべてが帯電してしまいます。そしてヴァレンシア島の電流が切られても、ニューファンドランド島への電流は切ったあとも長く流れ続けるのです。これが音波を妨げてしまうのです。

歴史上初めて大西洋をまたいで、ロンドンとニューヨークを繋いだ通話がされたのは、1927年1月7日のことでした。もちろん通話の質は無残なものだったようですが、これは海底の電線を使ったものではなく、国際無線電話でした。

最初の大西洋横断通話ってどんな感じだったのでしょうね? 初の通話は、ニューヨークにあるAT&T社のW.S. Giffordさんと英国郵政庁GPOのEvelyn P. Murrayさんの会話でした。Giffordさんは以下のように話しています。

「今日の出来事は何年ものリサーチと実験の結果です。ニューヨークとロンドンで通話ができるようになったのです。これからは、この2都市の人たちが顔と顔を合わせて話しているように、見えている景色や様子を話して報告し合うことができるようになるのです。こんなサイエンスの究極の意義を誰が想像できたでしょう」

実は、「Speaking From America」というこの出来事についてのドキュメンタリーがあるんです。1938年製作の古いドキュメンタリーですが、テクノロジーの歴史に興味がある方はぜひご覧ください。

エジソンは初めての大西洋横断通話がおこなわれた数年後の1931年にこの世を去りました。今では普通になった国際電話の発明には、エジソンは関わってはいませんでしたが、彼はもっとスゴイことを成し遂げようとしてたって知ってました? 死者と話せる電話の発明です。マジです!

あわせて読みたい

powered by