まるで銀河を進む宇宙船。SFみたいなVR映画館が北京でオープン

  • author 岡本玄介
まるで銀河を進む宇宙船。SFみたいなVR映画館が北京でオープン
Image: CCTV+/YouTube

まだゴーグルだけでコントローラー類はありませんが。

中国のでは、仮想現実SFテーマパーク「East Science Valley-Science fiction theme park(東方科幻谷)」がオープンするなど、VRをふんだんに活用したエンタメが注目されています。

そして今度は、北京にSF感満載のVR映画館「フラッグシップ・VR・シネマ」がオープンしました。

Video: CCTV+/YouTube

オープニング・セレモニーは、香港のEr Dong Picturesが執り仕切り、やって来たお客さんたちは全長200mの館内に20席設けられたVRシートで、VR映画を体験したそうです。

映像の体験者たちのコメントを見るに、今回彼らは2時間モノの映画を見ているのではなく360度見渡せるVRコンテンツを楽しんでいるようですね。コックピットで操縦もできるVRアミューズメント・パークと違い、ゆったりした回転椅子でコンテンツを見るだけの模様。

今後はもっとアトラクションと組み合わせたコンテンツなども登場するんでしょうか? 中国人クリエイターのバイタリティに期待したいところです。

Source: YouTube, CCTV+

あわせて読みたい

powered by