肌よりも口内の傷が早く治るのはなぜ?

  • 7,578

肌よりも口内の傷が早く治るのはなぜ?
Image: lion6255/Pixabay

あるタンパク質に注目。

みなさんは、肌よりも口内の傷のほうが比較的早く治ると実感したことはありますか? 先日、Science Translational Medicineで公開されたところによると、アメリカ国立衛生研究所の研究者らによって行なわれたシンプルな実験から、そのメカニズムの違いが明らかになりました。

実際に傷をつけて研究

研究に参加したのは、健康で非喫煙者のボランティア被験者30名。口内と腕の皮膚にそれぞれ3mm程の傷をつけてもらい、その後6日のあいだ経過を観察し、傷を負う前と後に摂取した組織サンプルから分子像が調べられました。

米Gizmodoの取材によると、研究論文の筆頭著者でアメリカ国立衛生研究所の皮膚生物学ラボで主任科学者を務めるMaria Morasso氏は「口腔粘膜や皮膚の治癒の経過で各段階に反応する、指標となる新たな分子」を発見したことを明かしています。具体的にはどういうことなのでしょうか?

口の細胞はいつも準備万端

わたしたちの身体にあるほぼすべての個別細胞の根底には、同じ遺伝コードが存在します。ただ、これらの遺伝子がどう発現すべきかについては異なる種類の細胞がそれぞれ違った指示を出してます。

研究者らが発見したところによれば、口腔細胞にはいつでも治癒の準備ができている状態でいるよう指示が出されていることがわかりました。すなわち、腕など他の身体の部位の皮膚細胞とは異なり、これらの細胞は傷を負う前の段階からすでに傷の修復を促す遺伝子のパターンを発現しているのだといいます。こうして炎症を留めるなどすることで、細胞の治癒プロセスを加速していたのです。

20180801-why-mouth-heals-so-fast-02
Image: Inglesias-Bartolome, et al./Science Translational Medicine
ある被験者の肌↑と口内↓の傷口の比較(画像は傷を負った直後、3日目、6日目)

Morasso氏は、口内と肌の傷の治り方について以下のような違いを説明しています。

肌の細胞が傷口を効率的に塞ぐためには、まずメカニズムを活性化させる必要がある一方、口腔では細胞が瞬時に傷口に反応し、素早く傷口を閉じようとします。口内と比較した際に肌の傷がより時間をかけて修復されるのは、おそらくこのことが理由だといえるでしょう。

研究で分かったことの応用

研究チームはさらに、傷の治癒に関する重要な指示を中継するタンパク質「SOX2」に注目。この重要なタンパク質である「SOX2」を単離して、平均値よりも高いSOX2が皮膚細胞で発現されるようにネズミを飼育しました。すると、ネズミが傷を負った際に、通常よりも早く治るという結果が出たといいます。

この結果はあくまで概念実証に過ぎませんが、Morasso氏は今回および今後の研究が傷の治癒を早める方法や、糖尿病の末期などにみられる傷が治りにくい症状への対処法を模索するのに役立つと指摘しています。


Source: Science Translational Medicine

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ