iPhone XS/XS Maxでわかっていることすべて #AppleEvent

  • 46,814

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • 塚本直樹
iPhone XS/XS Maxでわかっていることすべて #AppleEvent
Image: Apple

大画面のMaxが気になる!

「iPhone X」発売から1年後の2018年、Apple(アップル)はそのラインナップを完全に一新しました。メインとなる新型iPhoneは「iPhone XS(テンエス)」。しかしそれだけではなく、より画面を大型化した「iPhone XS Max(テンエス マックス)」も登場したのです。

前モデルと同じく、iPhone XSは5.8インチディスプレイを搭載。一方、iPhone XS Maxは6.5インチと「Galaxy Note9」よりも大きな有機ELディスプレイを搭載しています。もちろん、その表示品質の高さはいうまでもありません。しかしこれだけの大画面を搭載しながらも、ずっと狭くなったベゼルのおかげでiPhone XS Maxのサイズは「iPhone 8 Plus」よりも小さいのです。素晴らしい!

さらにAppleによれば、iPhone XSの有機ELディスプレイはより明るく、HDRをサポートすることで表示品質が向上しています。ディスプレイのタッチセンサーは120Hzで反応し、タッチの感触も良くなったとのこと。また、3D Touch機能はiPhone XSでもiPhone XS Maxでも生き残りました。さらに進化はそれだけでなく、サウンド性能も向上。ワイドステレオサウンドと呼ばれるスピーカーを両機種が搭載しています。

Face IDだって両対応です

ScreenShot2018-09-12at20.08.05
Image: Apple

iPhone Xにて搭載された顔認証機能「Face ID」は、iPhone XSやiPhone XS Maxのノッチ部分に搭載。TrueDepthカメラによって実現されるこの機能は、周辺光センサーや近接センサー、イルミネーター、赤外線カメラ、3Dドットプロジェクタから成り立っています。そして顔の凹凸を読み取り、個人を認識してロックを解除するのです。

内部スペックについて

ScreenShot2018-09-12at20.12.59
Image: Apple

iPhone XSとiPhone XS Maxに搭載された新型プロセッサ「A12 Bionic」は、基本性能とAI関連機能が進化しています。A12 Bionicは業界初の7nmプロセスで製造され(Huaweiは一言あるでしょうが)、6コアCPUと4コアGPUによる合計69億トランジスタを搭載。高性能コアと省電力コアを組み合わせ、40〜50%という低消費電力を実現しています。

またBionicが意味するように、その進化は8コアからなる専用AI(人工知能)と、マシンラーニングによる「ニューラルエンジン」にあるとAppleは主張しています。さらにISPs(画像処理)、動画処理、メモリコントローラなど、さまざまな点も進化しiPhone XSの最大のウリとなっています。

そしてより画像や動画を保存したり、アプリをインストールしたい人のために、新型iPhoneの最大ストレージ容量は256GBから512GBへと倍増。さらにA12 BionicとiOS 12のパフォーマンス工場により、アプリの起動も30%高速化されています。

カメラの進化について

ScreenShot2018-09-12at20.29.32
Image: Apple

よりカメラ撮影を楽しめるように、AppleはiPhone XSに新型のデュアル1200万画素カメラを搭載しました。片方はワイドアングル用で、もう片方は望遠用。センサーピッチはより大きな1.4マイクロメートとなり、広角カメラはf値1.8を実現。残念ながら望遠カメラの倍率は2倍止まりですが、両方のカメラで光学手ブレ補正が利用できます。

ポートレートモードや特別な深度エフェクトで撮影したい場合、どちらのモードで撮影に特別な効果をつけ加えられます。

ScreenShot2018-09-12at20.34.08
Image: Apple

写真撮影時にイメージシグナルプロセッサは写真のホワイトバランスの正確性、フォーカスを改善し、ノイズを除去し、ハイライトを維持し、1つのハイクオリティな写真へと合成します。

ScreenShot2018-09-12at20.41.01
Image: Apple

Smart HDR機能では4枚の連写画像を撮影し、大事な瞬間を逃しません。さらに追加フレームや長時間露光により、よりディテール優れる写真撮影が可能です。iPhone XSの「ボケ」撮影はより一眼レフカメラやミラーレスカメラのような描写が可能となり、なんと撮影後に被写体深度の変更が可能です。

バッテリーに関しては、iPhone XSが先代のiPhone Xより30分の寿命の向上だそう。そこまで大きな進歩という感じはなさそうです。ですが、iPhone XS MaxはこれまでのiPhoneシリーズでも最大の容量ということで、iPhone Xより1時間30分もバッテリー寿命が向上しました。すごい!

気になる価格はiPhone Xsが11万2800円、iPhone Xs Max、12万4800円から。予約注文は9月14日、発売は 9月21日です。

編集部追記(07:59):初出時「iPhone XS Maxのサイズは「iPhone 8」と同じ」としていましたが、正しくは「iPhone XS Maxのサイズは「iPhone 8 Plus」よりも小さい」でした。訂正してお詫び申し上げます。

Appleが発表したモノまとめ! 新iPhone・新Apple Watch・新OSのリリース日 #AppleEvent

今日は2018年9月13日(日本時間)、テック業界においてはApple(アップル)の日。つい先程Apple(アップル)のイベントがあり、iPhon...

https://www.gizmodo.jp/2018/09/apple-event-2018-sept-summary.html

    日本時間9月13日(木)午前2時から行なわれる Apple Special Event での発表情報を網羅する特集ページです。 iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、Apple Watch Series 4 などプロダクトの最新情報はもちろん、周辺情報まですべて随時更新の速報でお届けします。

      こちらもおすすめ