プレミアムなプレミアム。オーディオテクニカの新作有線イヤホン・ヘッドホン

  • author 武者良太
プレミアムなプレミアム。オーディオテクニカの新作有線イヤホン・ヘッドホン

オープン型イヤホンのハイエンド...だとっ!?

オーディオテクニカ畑に、たわわわわに育った秋味のイヤホン・ヘッドホンはワイヤレスだけではありません。ワイヤードなモデルもまた、美味しそう。まずは純インナーイヤーな「ATH-CM2000Ti」からどうぞ。

快適&音質の極みを追求した有線イヤホン・ATH-CM2000Ti

IMG_6763
Photo: 武者良太

最近のイヤホンにしては珍しい、耳に入れる側のさきっちょが出っ張っていない、フラットなスタイル。耳介にひっかけて装着するため、音漏れは多いし周囲のノイズもふんだんに入ってくるイズム。

でも音漏れなどを気にしなくていい環境であれば、こっちのほうが耳に負担がかかりにくいし、広い音場が楽しめるしで、いい。ご自宅スペシャルといっても、いい。チタンの削りだしボディってのもまた、いい。

カクヤスなイヤホンの形状だよね、と思う方もいるでしょう。でもオーディオテクニカは本気です。15.4mmという巨砲なドライバーを使った「ATH-CM2000Ti」の予想価格、5万円ですから。でもカナル型ではたどり着けない、音の世界があるのは事実なんです。

発売は10月19日ですよ。

水平対抗2ドライバー・ATH-CK2000Ti

IMG_6752
Photo: 武者良太

9.8mmと8.8mm径、2機のドライバーを向かいあわせで配置したのが「ATH-CK2000Ti」。末尾のTiの文字からわかるように、このモデルもチタン削りだしハウジングを用いています。発売は10月19日、予価は8万円前後です。

この水平対向配置のシステムはDUAL PHASE PUSH-PULL DRIVERSと呼ばれ、いままでにも登場してきました。しかしドライバー背面の空気室が薄いものが多かった。しかし「ATH-CK2000Ti」は漏斗のように、長く、深みのある空気室を用意しています。それなのにコンパクト化を実現しているのが素晴らしい。

輝きをあげよう・ATH-AP2000Ti

IMG_6743
Photo: 武者良太

シックなカラーはチタン由来のもの。大型ヘッドホンの「ATH-AP2000Ti」のハウジングにもチタンが使われています。発売は10月19日、予価は14万円前後です。

3Dウイングサポートがついたモデルと比べると、シンプルなスタイリングですよね。顎下に回り込むようなイヤーパッドはもう絶品。

インピーダンスは44Ωと高めですが、近年のパワフルなデジタルオーディオプレーヤーや、ヘッドホンアンプを使うのであれば問題ナシ。音の輝きに見惚れたい方は注目!

Theスタンダードがリニューアル・ATH-MSR7b

IMG_6737
Photo: 武者良太

ヘッドホン部門40周年時、オーディオテクニカの技術の粋を結集して作られたATH-MSR7が登場してから4年が過ぎました。この4年でさらに技術は進化し、装いは基本そのままに内面を大幅にアップデートした「ATH-MSR7b」が登場します。10月19日発売、予価は3万円前後です。

世界の隅々まで精緻に描く性能を高め、長時間のリスニングもできるイヤパッド&ヘッドバンドも装備。ピーキーなところもあるけど聴きやすい使いやすい性能は、音数がマシマシな近年のトラックを聴くのにピッタリでしょう。

Source: オーディオテクニカ

あわせて読みたい

powered by