2019年の新型iPhone、背面TrueDepthカメラの搭載はないかも

  • 11,628

  • author 塚本直樹
2019年の新型iPhone、背面TrueDepthカメラの搭載はないかも
Image: Al Medwedsky / Shutterstock.com

気が早い話ですが。

今年Apple(アップル)から発表されたフラッグシップモデル「iPhone XS/XS Max」は、スペック向上が焦点となり、新機能の追加はデュアルSIMをのぞいて少なかった印象がありました。ところで、早くも2019年の新型iPhoneについての噂が出てきています。9to5Macによると、来年の新型iPhoneには背面のTrueDepthカメラの搭載がないかもしれないというのです。

著名アナリストのミンチー・クオ氏いわく「iPhone XS/XS Max」のフロント側に搭載されている赤外線のTrueDepthシステムは、2019年モデルでは搭載されないとのこと。カメラやAR(拡張現実)機能のさらなる進化を期待していた方にとっては、すこしガッカリな情報でしょう。

実は以前、2019年の新型iPhoneの背面に3Dセンサーが搭載されるという情報がBloombergから報じられていました。これに関連し、AR機能の強化も期待されていたのです。背面がトリプルカメラになるという情報も登場していましたね。

しかしクオ氏によれば、現在の2カメラによるポートレートモードでも十分な性能が達成できており、深度センサーを利用したAR機能の統合はまだ早いとのこと。むしろ、Appleは今後AR機能を進化させ「ARグラス」に応用しようとしているとも伝えています。

2018年モデルのiPhoneが発表されたばかりのタイミングで、2019年モデルの分析をするのはやや時期尚早かも。背面カメラへのTrueDepth機能の搭載は夢のある話ですが、個人的にはトリプルカメラによる撮影画質の向上だけでも十分な気がしますね。

Source: 9to5Mac, Bloomberg

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ