360度回転するVRコックピット「Feel Three」。100種類以上のゲームに対応

  • 6,291

  • author 岡本玄介
360度回転するVRコックピット「Feel Three」。100種類以上のゲームに対応
GIF: Feel Three/YouTube

巨大中華鍋に乗った気分です。

VRゲームの中を移動するには、現在大きくわけて2種類、自らが歩くトレッドミル型と、乗り物を操縦するシミュレーター型があるかと思います。

いずれも大掛かりな装置ですが、画面に合わせて身体が動くというのは究極の没入感が味わえるわけで、人々は日進月歩で新たなものを作っているのです。

今最も新しいのは、KICKSTARTERにて資金募集しているVRシミュレーターの「Feel Three」。これは半球体の上に搭載されたゲーミング・チェアが可動することで、リアルに乗り物を運転している気分になれるシロモノ。プレイヤーは横方向に360度回転することができ、さらに上下方向にも100度角で可動します。

Video: Feel Three/YouTube

アームレストはプレイヤーの好きな位置に調整ができ、片手ずつ握るジョイスティックも他のモジュールに交換可能。戦闘機や宇宙船の操縦にピッタリですね。

実はこれ、元々はレーシング・ゲームに最適な、ハンドル付きの「バトル・ステーション」がベースとなり、あとからアップグレードして「Feel Three」に改造が可能になっているんです。

ではここで、中華鍋がどれほど動くのかがよくわかるデモ映像をどうぞ。

Video: Feel Three/YouTube

土台には縦回転する車輪に、横回転する小さな車輪が5つ付いた3枚重ねの「オムニホイール」が仕込まれています。これらが下から鍋を転がすおかげで、X(ヨー)・Y(ピッチ)・Z(ロール)の3軸が自由自在になるわけです。なおホイールは追加すれば全部で6カ所に設置可能。これでトルクを上げることができます。

180905_feelthre2
Image: KICKSTARTER

実際にスペースコンバットシミュレーションMMOゲーム『Elite: Dangerous』をプレイした映像をみると、本当に宇宙船を操っているかのように連動していて、その没入っぷりがよくわかります。乗り物に弱い人は確実に酔いそうですが。

Video: Feel Three/YouTube

現在出資できるフル装備のプランで7,999ポンド(約115万5,000円)とかなり高額! 半球体の可動部分を省いた「バトル・ステーション」は399ポンド(約5万7,200円)で出資することができます。執筆時は目標額約715万円を超えて、倍近い1,540万円以上の資金を集める大ヒットに成長中。

もはやこれを超えるには、ボールのような球体の中に身体を固定するしかないんじゃないか? って感じのシミュレーターです。100種類以上のゲームに対応しているとのことですし、お金と部屋が余分にあるコア・ゲーマーにぜひ試していただきたいですね!

Source: YouTube (1, 2,3), KICKSTARTER

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ