労組激おこ。Amazonが2021年までにレジなし店舗を3,000軒に展開予定

  • 20,596

  • author satomi
労組激おこ。Amazonが2021年までにレジなし店舗を3,000軒に展開予定
Image: Rocky Grimes / Shutterstock.com

セブンイレブン、ウォルマート、ターゲットもだけど、一番心臓が縮んだのはレジのみなさまなのでは…。

Amazon(アマゾン)がレジなしコンビニ「Amazon Go」を2021年までに3,000店舗に増やす計画だと、Bloombergが情報筋の話として独占報道しています。

Amazonの実店舗は入り口でアプリを開いてAmazonアカウントをスワイプし、欲しいものをどんどんかごに入れて、店から出れば買い物終了です。店内に隈なく張りめぐらされたセンサーとカメラでかごを見張ってて、最終的なかごの中身を特定して自動精算し、レシートをスマホに送ってくれます。

バーコード読み取りもなし

紙のレシートもなし

袋に詰める人もなし

アメリカではシアトルを皮切りに数店舗が展開中で、月曜にはシカゴにも進出しました。ABC Newsでは「万引きしている気分になる」とシカゴ市民が口を揃えてますけど、先日うちの近くのAmazon Goに寄った息子も本当にそんな感じだって言ってました。店に入って、棚から商品とって、出る。それだけなので。テープも貼らないで、わきの下に箱を抱えたりして。

置いているものは簡単なできあいのスナック、ドリンクなど。スーパーというよりはコンビニかキオスクです。ホールフーズマーケットをせっかく買収したことだし、同じスーパーやってもしょうがないですもんね。

報道を受け、全米スーパー小売店舗で働く130万人を代表する国際食品商業労働組合は、Amazonに次のような声明を発表しました。

レジなし店舗開設の本質は「コンビニエンス」ではなく「欲」にほかならない。ジェフ・ベゾスとAmazonのビジネスモデルは無数のアメリカ国民の職を存亡の危機に陥れる。今こそわれわれは我が国、懸命に働く国民に与える壊滅的打撃を直視しなければならない。

確かにねぇ…。街にはAmazonで潰された書店のボーダーズ、バーンズ・アンド・ノーブルのがらんとした空きビルがゴーストタウンのように広がっています。昔はあんなに寄るのが楽しみだったのに。コーヒーの香りと本のページを繰るひそやかな音。おしゃれなレジの人たち。Amazon Goで借り物競争みたいにブリトーやらジュースやら持って出てくる人たちを見ながら、あのレジの人たちは今…と思ってしまいます。

Amazon Goは年内10店舗、来年は50店舗、2020年と2021年は爆増となる見込み。

Sources: Bloomberg, ABC News, UFCW

こちらもおすすめ