Angry BirdsがなんとMagic Leapに登場!全方向から塔を狙い撃ちできるぞ

  • author 岡本玄介
Angry BirdsがなんとMagic Leapに登場!全方向から塔を狙い撃ちできるぞ
Image: The Verge

FPSは「First Person Slingshot(一人称視点パチンコ)」の略です。

おなじみのスマートフォン用ゲーム『アングリーバード』。パチンコで鳥を飛ばして遊ぶブロック崩し的なゲームでしたよね。これがMR(ミックスド・リアリテイー)ゴーグル「Magic Leap One」で遊べるソフトとして、開発されていることが発表されたとThe Vergeが伝えています。

実際にプレイしているデモ映像を見てみましょう。

Video: Resolution Games/YouTube

スマホで遊ぶときは真横からの2Dの画しか見られませんでしたが、MRになるとどんな角度からでも狙えます。戦略的に遊べますし、これぞARの醍醐味という印象を受けますね。

本作はRovioのみではなく、 スイスのVR/ARスタジオResolution Gamesとの共同開発しています。The Vergeの体験談では、「Magic Leap One」の視野はおよそ50度で、VRヘッドセットと比べるとまだかなり限られているとあります。とはいえ、ゲームはその画角に合わせて自然にデザインされているとのこと。標的となる塔は現実世界のテーブルの上に登場しますが、それが崩れるとテーブルの上や、ときには下まで転がっていくのがリアルです。

180921_angrybirds2
Image: The Verge

まだ発売日は未定ですが、いずれ発表されることでしょう。ですがまずは、26万円近くする「Magic Leap One」を買わねば遊べません。ぐぬぬ…ハードルが高い。

Source: YouTube, The Verge

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ