「Apple I」の完動品が4000万円以上で落札される

  • 9,196

  • author 塚本直樹
「Apple I」の完動品が4000万円以上で落札される
Image: RR Auction

存在することが奇跡。

お手元にあるMacBookやiMac、そのすべての歴史の原点となる、Apple(アップル)初のコンピューター「Apple I」。なんとこちらの完動品がオークションに登場し、37万5000ドル(約4300万円)という超高額で落札されました。

とはいっても、Apple Iの完動品は過去にも何度か出品されており、珍しいことではありません。Apple Iは1976年に発売されたコンピューターで、故スティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックが独力で開発したマシン。キーボードやテレビを自分で用意する必要がありましたが、200台が生産され大半が売れ、まさにAppleの歴史を作った最初の1歩となりました。

そして今回RR Auctionに登場したのは、Apple IのエキスパートことCorey Cohen氏がレストアしたものです。Cohen氏によれば、マシン状態の評価は8.5/10とかなりいい感じ。また8時間近いテスト稼働でも、問題は発見されなかったそうです。

なお物価の違いなどもありますが、発売当時のApple Iの価格は666.66ドル(約7万6000円)でした。

Source: RR Auction via Apple Insider

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ