Apple、有機ELより優秀なMicroLEDディスプレイ採用に向けて台湾メーカーと会合?

  • 11,707

  • author 塚本直樹
Apple、有機ELより優秀なMicroLEDディスプレイ採用に向けて台湾メーカーと会合?
Image: Vytautas Kielaitis/Shutterstock.com

独自ディスプレイ製造もありうる?

現在iPhoneにはSamsung(サムスン)が有機ELディスプレイを納入していますが、その他のメーカーの参入も噂されています。MacRumorsによると、Apple(アップル)MicroLEDやMiniLEDディスプレイの製造にむけて、台湾メーカーを訪れたようです。

経済日報によれば、Appleの代表は先月に台北にてディスプレイ関連の会合に出席。そして台湾AUO(AU オプトロニクス)やEpistar(エピスター)と個別のミーティングが設けられたそうです。またミーティングでは、次世代ディスプレイのMicroLEDやMiniLEDが議題となりました。

これらのMicroLEDやMiniLEDは微細なLEDをバックライトに利用したディスプレイで、色再現性やコントラスト、レスポンス、黒の発色などが従来の液晶ディスプレイに比べて改善されるそう。さらに有機ELディスプレイに比べて明るく薄型で、省電力だと伝えられています。

すでにAUOはMicroLEDを利用したディスプレイを展示しており、高い評価を得ています。またAppleもMicroLEDのメーカーLuxVueを2014年に買収しており、台湾にてMicroLEDの開発をすすめているとされています。さらに、台湾TSMCとMicroLEDの量産計画を協議しているといった情報まで入ってきています。

今のところ、キレイなディスプレイといえば有機ELですが、いずれAppleが開発を進めるMicroLEDが上回る日が来るのかもしれません。

Source: MacRumors(1, 2, 3), 経済日報

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ