バルミューダから、子どもの目について本気出して考えてみたデスクライト登場

  • 7,892

  • author ヤマダユウス型
バルミューダから、子どもの目について本気出して考えてみたデスクライト登場
Image: バルミューダ

ほんとだ、かなり違う。

普遍的な常識をクールなプロダクトで覆してきたバルミューダが、太陽光LEDデスクライト「BALMUDA The Light」を新たに発表しました。いわく、子どもたちの目を守る光とのことで、子どもが使うデスクライトとして特化しているようです。

影を減らす設計

大人と子どもでは、デスクに対する目線の高さが違います。子どもは背が低いから、手もとも見づらいんですね。ほら、顔をデスクに近づけてお絵描きする姿勢あるじゃないですか。あの状態は光源を頭で遮ってしまい、手もとに影を落としてしまうんです。結果、手もとが見づらく、目にも良くない。

180906balmuda_02
Image: バルミューダ

「BALMUDA The Light」のForwardBeam Technologyは、真上からでなくやや前方から光を照らします。するとこの通り、頭で光を遮ることがないので、手もとに陰ができないというワケ。この技術は、手術灯で国内シェアナンバーワンの山田医療照明との共同開発によって生まれました。一度ミラーに反射させてるから、光が柔らかくもなってる。

光自体も目に優しい

180906balmuda_03
Image: バルミューダ

一般的な白色LEDに比べ、短波長光(ブルーライト)も約半分にまでダウン。自然光に近いので目に優しく、ノートの白さやクレヨンの色も鮮やかに映ります。解説ページには、小学生の3人に一人が視力1.0未満であり、タブレットやスマホがその一因だという文部科学省のデータも引用されており、こうした現代のディスプレイ事情を鑑みた製品なのかもしれませんね。

光量の調節ダイヤルを回すと軽快なピアノ音が聞こえたり、筆記具を収納するスペースもあったりと、インターフェイスとしても遊び心良し。現在は予約受付中で、2018年10月下旬より出荷開始です。価格は約3万7000円。安定のバルミューダ価格ですが、もたらしてくれる体験は確かなものでしょう。

Source: バルミューダ

    あわせて読みたい

    powered by