YouTube映え。定番マイクBlue Yetiにコンパクトなnanoが登場

  • 8,455

YouTube映え。定番マイクBlue Yetiにコンパクトなnanoが登場
Image: Blue

小さいものは美しい。

YouTuberやPodcaster向けマイクとして一定の支持を得ている「Blue Yeti」。動画やライブ配信で映りこんでいるのを見たことがある人は少なくないはず。音質がいいのはもちろんですが、USB接続でカンタンに扱える手軽さと手頃な価格のバランスが人気の秘密です。でもなにより、デザインがかわいいよね。

そんなBlue Yetiの兄弟機「Blue Yeti nano」が先日発売されました。オリジナルよりもだいぶ小さくなってさらに親しみやすいデザインに。手のひらサイズとまではいきませんが、これなら画面に映り込んでも圧迫感なさそう。もちろんUSB接続なので、オーディオインターフェースなどの追加機材を買わずに使いはじめられます。

Blue Microphones / YouTube

3.5mmヘッドホンジャックやミュートボタンを装備するなど、小さくなったとはいえ、便利な機能はしっかり引き継いでいます。

ビジネスにも使える2つのモード

YouTuberやPodcasterじゃなくても、マイクは役に立ちますよ。Blue Yeti nanoには会議の録音やビデオ会議にも使えそうな2つの指向性モードが搭載されています。

指向性モード切りかえは背面のボタンでワンタッチ。1人でしゃべるときは正面の音だけを強く拾う「単一指向性モード」、マイクを囲んで複数人で録るときは「無指向性モード」と使い分けられます。いい音でビデオ会議すれば、提案の説得力も上がったりして。

オリジナル版と比べるとコンデンサーマイクカプセルが2つから1つに減っていたり、ステレオモードで録音できないなど、劣る部分はもちろんありますけど、価格は99ドル(約1万1000円)。オリジナル版は約130ドル(約1万4500円)なので、そこまで価格差はないはずですが、なんでしょう、100ドルを切ると急に欲しくなる現象、ありますよね。

すでに世界のオフィシャル店舗で発売開始しており、米Amazonでも購入することができます。日本での発売はまだ確認できていませんが、これから動画や音声を扱いたいと思っている人にはぴったりかもしれません。カメラのレンズ同様、マイクにも「沼」があるみたいなのでお気をつけて…

あわせて読みたい