1分15セント。スマホでレンタルするeスクーター「Bolt」がパリでデビュー

  • author 岡本玄介
1分15セント。スマホでレンタルするeスクーター「Bolt」がパリでデビュー
Image: TechCrunch

足で地面を蹴って進むほうのスクーターです。

TechCrunchによりますと、エストニアをベースにした配車サービスTaxifi(タクシファイ)から、スマートフォンでレンタルするeスクーター「Bolt」がパリでデビューしました。

これは2013年8月にアプリをリリースしてから、25カ国で1000万人が利用したのだそうです。Taxifiがこの「Bolt」の運営を始めたのは、タクシーの乗客のうち、5人にひとりが3km以内の利用で済ませているからなんだそう。そのくらいの距離なら、eスクーターでカバーできるんじゃないかと思いついたそうです。このサービスで、新たな客層の開拓にも期待しています。

利用料金は1分15セントですが、利用は最低1ユーロ(約130円)から。使用時には、アプリの地図から最も近くにある「Bolt」をGPSで探し、車体に貼られたQRコードを読み取ります。使用後はスタッフが回収し、夜のうちに充電を行なうという流れ。

今後は、ドイツやスペインなどほかにヨーロッパの国々とオーストラリアでも展開させるそうですが、アメリカでの展開は計画していないんだそうです。

気になるのは、実は、パリではほかにもLIMEやBirdといった企業がeスクーターの貸し出しを行なっているということ。ライバルがいくつもいるなかで、そしてガタガタの石畳だらけのヨーロッパでこれがどこまで活躍するのか? 気になります。

Source: TechCrunch

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ