Xboxコントローラー、潜水艦の次はトンネル掘削機を操る

  • author 岡本玄介
Xboxコントローラー、潜水艦の次はトンネル掘削機を操る
Image: The Boring Company/YouTube

リアル『ディグダグ』が爆誕です。

テレビゲーム機のコントローラーって、意外とその機種だけではなく応用が利くんですよね。たとえば自作ロボット同士を戦わせるトーナメントでは、プレイステーションのデュアルショックが度々見られますし、米海軍の潜水艦ではフォトニクスマストの操縦にXboxのコントローラーを使用されている例も。安い上に、ほとんどが子供の頃から慣れ親しんだゲームパッドなので、取っ付きやすいわけです。

そこで今度は、The Vergeがイーロン・マスク所有の掘削業者The Boring Companyが、超巨大なトンネル掘削ドリルをXboxのコントローラーで操るツイートを紹介。汎用性の高さを見せてくれます。

ツイートには、「これまでで最高のテレビゲームだ」とあります。

穴掘りゲームといえば『ディグダグ』や『ホッターマンの地底探』を思い出しますが……『シムシティ』のような街づくりを、“現実に行なえる”神の力を手にしたも同然なんじゃないですかねぇ?

これは最新型の掘削機とのことですが、これがL.A.市内の地下鉄レッド・ラインからドジャー・スタジアムまでを最大14ヶ月という短い工期で開通させる秘密兵器なのでしょうか? どこで使われるか見ものですね。

掘削機のメカメカしさもカッコいい…。

Source: Twitter via The Verge

    gather round 特集ページ

    あわせて読みたい

    powered by

    こちらもおすすめ