宇宙一硬い物質は激レア素材の「核パスタ」!

  • 32,323

  • author 岡本玄介
宇宙一硬い物質は激レア素材の「核パスタ」!
Image: McGill Newsroom

食べたら歯が欠けますが。

カナダのマギル大学が中性子星の地殻深部の物質の強度を計算し、それが宇宙でもっとも強い物質であることが判明しました。

その名はなんと「核パスタ」

その正体は?

Live Scienceいわく、天文学者たちの間ではここ数年、「大きな星が自らの重力で崩壊したあとには、小さくて密な中性子星の中で物質がパスタ料理のように絡んでいるかもしれない」という考えがあったとのこと。そこで、人類が知る限りの中性子星の状態をコンピューターに入力し、シミュレーションを決行。その結果、宇宙一硬い物質が「核パスタ」だという答えを得たのでした。

「核パスタ」を粉砕するには、鉄粉を粉砕するのに必要な力の約100億倍が必要という結果も出ました。名前は美味しそうでも、食べることも消化することも不可能な物質なのです。

現在、「核パスタ」は中性子星内部にのみ存在すると考えられています。この中性子星というのは、我々の住む太陽系にある太陽の、約8倍の以上の質量の星が崩壊しないと形成されない激レアなもの。核パスタは、質量が8倍の太陽が大きさ20kmほどの核にギュウギュウに詰め込まれたような超過密状態でしか生まれないのです。

作り方

Live Scienceでは、その作り方が3ステップで紹介されています。皆さんも材料をご準備ください。

1. 死にかけている大型の星を、超新星爆発で崩壊するまで10億年かけて煮込みます

2. 崩壊した星の核に残った陽子と電子を、よく合わさるまで激しく撹拌して超高密度の中性子スープにします。ここでは必要に応じて重力をかけてください

3. トロントくらいの大きさの気密球に中性子シチューを詰め込み、結晶質の地殻で覆い、摂氏60万度でグラグラ煮立たさせると、ハイ完成!

なんと出来上がった構造と形状により、核ニョッキ、核ラザニア、核スイス・チーズなどがあるそうです。

これから私たちは、イタリア料理を食べるときに「中性子星の過密な核と同じ構造の物質を食べているんだなぁ」なんて想いを馳せてみてはいかがでしょうか?

Source: McGill Newsroom via LIVESCIENCE

あわせて読みたい

powered by