着地! 探査機「MINERVA-II1」、小惑星探査機「はやぶさ2」から投下成功!

  • 17,212

着地! 探査機「MINERVA-II1」、小惑星探査機「はやぶさ2」から投下成功!
Image: JAXA

地球近傍小惑星リュウグウに無事着地、写真撮影とホップ移動も成功です。

9月21日に予定されていた通り、小惑星探査機「はやぶさ2」から探査機「MINERVA-II1が投下され、中から2機のローバー「Rover-1A」と「Rover-1B」が無事に飛び出すことができました。

JAXAによりますと、どちらも状態に問題なく、母機である「はやぶさ2」に写真や各種データを送信しているとのことです。

はやぶさ2が小惑星リュウグウに2つのローバーを投下。成功なるか?

トゲトゲ探査機、どうなる!?日本の小惑星探査機「はやぶさ2」は、地球近傍小惑星リュウグウの着陸地点を決め、探査機「MINERVA-II1」を投下し...

https://www.gizmodo.jp/2018/09/hayabusa-release-ryugu-2-rovers.html

世界初の人工物がふたつ

前回お伝えしたように、ローバーたちは自律的に内部モーターによる回転の反動で飛び跳ね、1回のホップで最大15分間ほど滞空し、水平方向に最大15mほど移動するよう設計されています。そこでJAXAが写真を解析したところ、ちゃんと移動しながら撮影していることが判明。こちらの動きも快調のようです。

同じくJAXAによりますと、これはとても凄いことなのだそうです。

「小惑星表面で移動探査をした世界初の人工物」となりました。しかも、2機同時に動作させるという快挙ともなりました

さっそくローバーたちから届いた画像

ではTwitter公式アカウントより、実際に贈られてきた写真を見てみましょう。

ちなみに投下前は、リュウグウに「はやぶさ2」の影が写り込んだ写真も撮影されました。いよいよ実行するぞ! って瞬間ですね。

「はやぶさ2」プロジェクト・メンバーの方々のコメントは、皆さん長年の研究が実を結んだことを喜んでいます。そこにはMINERVA-II1担当の吉光徹雄さんの正直な気持ちも書かれていました。

ブレ画像でがっかりしましたが、「はやぶさ2」探査機が写っていたので、ロボットに仕込んだ通り撮像できてよかったです

はやぶさ2の今後の予定

次のミッションについて、The Guardianはこのように伝えています。

「はやぶさ2」は10月、小惑星の上で爆発する2キロの銅ミサイル「インパクター」を撃ち、表面を吹き飛ばして小さなクレーターを作ります。

何千年も『太陽』風と放射線から隠れていたクレーター内部から新鮮な物質を採取することで、地球上の生命誕生に宇宙からの物質が貢献したのかなど、宇宙と生命に関する根本的な答えが得られることを期待しています。

また、この探査機は表面観測のための移動式小惑星表面偵察機、フランスとドイツ「MASCOT」を投下する予定です

それについて、CG映像でとてもわかりやすく説明されています。こちらの成功も期待したいですね。

Video: German Aerospace Center, DLR/YouTube

Source: Twitter, JAXA, The Guardian, YouTube

あわせて読みたい

powered by