年イチの大型アップデート「iOS 12」が正式リリース! iPhone 5s以降に対応です

  • 59,260

  • author 塚本直樹
年イチの大型アップデート「iOS 12」が正式リリース! iPhone 5s以降に対応です
Image: Apple

秋のApple祭、始まります。

今年のWWDCにて発表された、Apple(アップル)のモバイル向けOS「iOS 12」。こちら、先日のiPhoneイベントでアナウンスされた通り、9月18日から一般配布が開始されました。対応デバイスで「設定>一般>ソフトウェアアップデート」からアップデートできます。

対応デバイス

iPhone

iPhone XS/iPhone XS Max/iPhone XR/iPhone X/iPhone 8/iPhone 8 Plus/iPhone 7/iPhone 7 Plus/iPhone 6s/iPhone 6s Plus/iPhone 6/iPhone 6 Plus/iPhone SE/iPhone 5s

iPad

12.9インチiPad Pro(第2世代)/12.9インチiPad Pro(第1世代)/10.5インチiPad Pro/9.7インチiPad Pro/iPad(第6世代)/iPad(第5世代)/iPad Air 2/iPad Air/iPad mini 4/iPad mini 3/iPad mini 2

iPod

iPod touch(第6世代)

iOS 12を導入して一番違いがわかるのが、動作速度の向上。キーボード表示は50%、ホーム画面のスワイプによるカメラ起動は70%、高負荷の際のアプリ起動が2倍も高速化しています。古い端末に新しいOSをインストールすると動作が遅くなるほうが一般的なので、これはありがたい進化でしょう。

180918_ios_12_release
Image: Apple

そしてAppleが力を入れているのが、AIアシスタント「Siri」の強化。App Storeでダウンロードできる新アプリ「ショートカット」で、よく行なう一連の操作のプログラムを組むことができ、これをSiriから実行できます(ショートカットアプリや、ウィジェットなどからも実行可能)。

また新しいARKit 2では、1つのAR空間を複数人で共有できたり、新ファイルフォーマット「USDZ」を使ったAR Quick Look機能で、3DオブジェクトをWebで簡単に配布できるように(Appleが公開している参考サイト)。

180918_ios_12_release_2
Image: Apple

設定>スクリーンタイムより、1日のデバイスの起動時間や、アプリの使用時間を確認できるようになり、アプリの使用時間の制限で使いすぎを防止できるようになりました。

180918_ios_12_release_3
Image: Apple

iPhone XやXS、XR専用ですが、アニ文字の延長で自分そっくりなアバター「ミー文字」が作れるようになりました。可愛らしいキャラクターが、メッセンジャーのステッカーやFaceTimeの通話で使えます。

そのほか、純正の「計測」アプリが追加されたり、「ブック」「ボイスメモ」「株価」アプリのデザインが一新されるなど、細かな変更も導入されています。新機能の一覧はこちら。2013年の「iPhone 5s」以降ならインストールが可能ですので、iOSデバイスをお持ちの方はぜひお試しあれ!

Source: Apple

こちらもおすすめ