iOS12の「ボイスメモ」が生まれ変わり。GPS自動ネーミングは神機能だわ

  • 21,254

  • author ヤマダユウス型
iOS12の「ボイスメモ」が生まれ変わり。GPS自動ネーミングは神機能だわ
Image: ヤマダユウス型/Apple

見た目もナウくなりました。

Apple(アップル)からついにリリースされましたね、iOS12。動作もキビっとしてるし通知もスタックされるし、ARの計測アプリも楽しいし、一年単位のアプデらしいワクワクがありますとも。

今回のiOS12では、iPhone標準の録音アプリ「ボイスメモ」も微妙にアップデートされてるんですけど、これが結構良い感じなんですよ。ちょっとそのお話をさせていただければと。

より使いやすくなった

180919voicememo_02
Image: ヤマダユウス型/Apple

録音の方法は従来通り。でもインターフェイスが変わってて、録音ボタンが下部に来たことで親指で押しやすくなりました。波形の色も従来は白だったのが、録音ボタンと同じ赤色になってます。統一感があるし、ちょっとエヴァっぽい。

180919voicememo_03
Image: ヤマダユウス型/Apple

トリミングのアイコンも視認性が高まり、使いやすいというか触りやすくなったかなーと。ゲインアップとかあれば、サンプリングアプリとしても優秀ですね。

編集しやすくなった

180919voicememo_06
Image: ヤマダユウス型/Apple

さらに検索ボックスがつきまして、過去の録音ファイルのディグが容易に。これは後述の自動ネーミングと合わせるととても強力なんですが、それは後ほど。

ファイルの複製、共有も簡単にできるようになり、削除は左スワイプからワンタップでイケるように。しかも、削除したファイルは「最近削除した項目」に残るようになりました。大事なインタビュー音声を誤って削除してしまう、なんてこともこれで防げますね。ありがてぇ、ありがてぇ。

位置情報に応じて自動で名前が付くように(神機能!

180919voicememo_04
Image: ヤマダユウス型/Apple

コレが、最大にして最高のアップデートです。今までは「録音→名前を付けて保存」という手順が必要だったため、急いで録音した時は名前をデフォルト名の「新規録音」にしがちだったんですよね。新規録音1、2、3……とか、もうどれがどれだかわっかんない。

新生ボイスメモなら、録音ボタンを押した時点で位置情報に応じて「自宅」や「○○町1丁目」、郵便番号や地域名などを自動でネーミングしてくれるんです。たとえば、東京ビッグサイトで録音すると「有明3丁目」とかビッグサイトとかになると思うんですけど、自分で名前をつけてなくても日付と場所のデータが残るから、何のために録音したかが思い出しやすくなります。あぁ、これはあの時のアレだな、と。

先ほどの検索機能と合わせれば、場所名で検索する使い方も。「有明」で検索して出てくるデータはビッグサイトで録音したものだなとか、そんな感じです。ボイスメモは過去の録音ファイルをひっくり返す面倒臭さがあったけど、自動ネーミングと検索があれば、もっと簡単に録音できちゃいそうですよ。

180919voicememo_05
Image: ヤマダユウス型/Apple

デフォルトでの位置情報ネーミングを避けたい場合は「設定→ボイスメモ→位置情報名を録音名に使用」をオフにすればOKです。適宜、ご対応を。

何かと使いやすくなった「ボイスメモ」アプリ。今まではiPhoneだけでしたが、iOS12にアップデートすることでiPadにも追加されますよ(ようやくかぁ)。新しくなったアイコンも、いかにも音楽系っぽい波形操作感があってよくないですか?

Source: ヤマダユウス型, Apple

あわせて読みたい

powered by