トイレのハンドドライヤーが実は菌を拡散させているという研究結果

  • 11,544

  • author Ed Cara - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
トイレのハンドドライヤーが実は菌を拡散させているという研究結果
Image: Asawin_Klabma/iStock/Getty Images Plus/ゲッティイメージズ

速攻で乾くから便利だし、ハンカチ探さなくていいから楽だったけど...。

ハンドドライヤー、特に熱風でバッと乾かしてくれるジェットドライヤーなんかは、実は手についた菌を水と一緒にまき散らしているのではないか、と長いあいだ言われています。はい、心配は的中! 新しい研究によると、ジェットドライヤーは病院のトイレで病気をまき散らしていると判明

イギリス、フランス、イタリアの研究者たちがチームを作り、「ジェットドライヤーはどれくらい汚いものか」という疑問解明の研究に取り組むことになりました。彼らはイギリス、フランス、イタリアそれぞれの病院のトイレ(1カ国1病院)で抗生物質に耐性のある黄色ブドウ球菌など、病気を引き起こす菌の広がりについて調べました。調べた病院のトイレにはジェットドライヤーとペーパータオルがあり、1つの病院につき2ヶ所のトイレを検査対象にし、ジェットドライヤーとペーパータオルで菌の広がりを比較しました。

ジェットドライヤーのほうが菌が拡散するという結果に

各国の病院のトイレの状況に違いもありました。例えば、イギリスの病院のトイレはイタリアの病院よりも使用する人が多いなどです。それでも結果同じだったことは、ジェットドライヤーがあるトイレのほうが、ペーパータオルだけのトイレよりも多く菌が飛び散っていたということです。

Journal of Hospital Infectionというジャーナル誌に発表された結果によると、イギリスの病院のジェットドライヤーのあるトイレでは、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌が3倍も多く見つかり、フランスも同様でジェットドライヤーのあるトイレで広域抗生物質に耐性のある菌が2倍多く見つかったそうです。この発見はもちろんいいことではありません。スーパー耐性菌は病院で生まれ広がるものです。そして体の弱っている患者さんは簡単に感染してしまいます。

実は前から議論されているジェットドライヤーの衛生面

でもジェットドライヤーが悪いというわけではないのです。そもそも、手をしっかり洗って菌のない手をジェットドライヤーで乾かせばこんなことは起こらないんですよね。簡単に手を乾かせるようにデザインされたはずの機械が、菌を飛ばすことになってしまっているなんて、ちょっと皮肉です。

「ジェットドライヤーは、霧の噴霧するようにドライヤー自体、そして洗面台や床、壁などトイレ全体を汚染してしまいます」と語るのは本研究の著者でイギリス・リーズ大学医学微生物学教授でもあるMark Wilcoxさん。それに比べてペーパータオルは水と一緒に菌も吸ってくれるため、汚染の連鎖を止めることができると考えられています。

ジェットドライヤーがペーパータオルや力の弱いハンドドライヤーに比べて、菌を多くまき散らしているかどうかというのは過去に何度も研究されていたことですが、いまだに菌のまき散らし具合の差については議論されています。例として、Dysonのようなジェットドライヤーを販売する企業は、ジェットドライヤーは安全だという独自の研究結果を用いて反論していますし、ほかにもジェットドライヤーはそんなに言うほど危険ではないという研究結果もあります。

こういった2つの見解がありながらも、今回の論文では簡単に手を乾燥できる便利なハンドドライヤーについて、少なくとも病院では健康リスクがあると書かれています。フランスでは、患者がいるところにあるトイレのハンドドライヤーの設置がすでに禁止されていますが、それは音がうるさいからという理由であって、菌をまき散らすからではありません。菌のまき散らしや汚染を最小限にするため、そして患者を守るために病院ではジェットドライヤーを設置しないというガイドラインを作るべきだと論文の著者は述べています。

ここまで言われるとなんとなくジェットドライヤー、使いにくい気分になっちゃいました。

Source: Journal of Hospital Infection

あわせて読みたい

powered by